FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2019/02/15 (Fri) 還暦
2018/08/19 (Sun) 熱闘甲子園
2018/08/06 (Mon) 豪雨被害
2017/06/04 (Sun) 安田記念の2
2017/06/03 (Sat) 安田記念


 第100回全国高校野球選手権大会は
大阪桐蔭の優勝で幕を閉じた。
二度目の春夏連覇と成し遂げた。
振り返れば、 「大阪桐蔭は強かった」
その一言に尽きる。

 悔しさや悲しみを自分の中で持ち続ける難しさを思う。

 中心選手の、キャプテン中川、副将の根尾、
センター藤原、投手の柿木
全員が、去年の夏の、あの悔しさ、1球の怖さを、
片時も忘れなかったのだろう。

 去年も挑んだ2回目の春夏連覇が潰えたのは
2勝した後の三回戦、仙台育英から点が取れず
大阪桐蔭が1-0で迎えた9回裏だった。
 
 ツーアウトながら1塁・2塁にランナーがいたものの
7番打者はショートゴロ、2年生遊撃手・根尾から
2年生一塁手・中川への送球でゲームセット   のはずが
根尾の送球は、ほんのわずか二塁側にそれ、
捕球した中川の足は、一塁ベースを踏み損ねていた。
3アウト、ゲームセットのはずが、セーフとなって
九死に一生を得た仙台育英の8番打者は
動揺の隠せない2年生投手・柿木の初球を狙っていた。

 快音を残した打球は左中間に落ち
二者が還ってサヨナラ。
大阪桐蔭から勝利がこぼれ落ちて行き、負けた。

 その日から、大阪桐蔭の最強チームになるための
努力は始まっていたのだという。
そして、昨日、見事、最強チームとなったことを証明した。
大阪桐蔭 13-2 金足農
 
 スコアだけでなく、走塁、守備、たたみかける攻撃
どれをとってもスキがなかった。

 またしても、みちのくに大旗をもたらすことは叶わなかった

それでも、第100回大会の主役は、
第1回大会で決勝に進出して以来103年ぶりに
県勢の決勝進出を果たした
秋田代表 雑草軍団 金足農だった。

 チーム力を踏まえた、ぶれない戦い方は見事だった。
甲子園で6試合、5勝1敗で高校野球を終えた
全員三年生の9人野球・不動の守備位置と打順は以下の通り
投 手 3番 吉田 輝星(こうせい)
捕 手 8番 菊地 亮汰
一 塁 6番 髙橋 佑輔
二 塁 1番 菅原 天空(たく)
三 塁 4番 打川 和輝
遊 撃 9番 斎藤 璃玖
左 翼 2番 佐々木 大夢(ひろむ)
中 堅 5番 大友 朝陽
右 翼 7番 菊地 彪吾(ひゅうご)
そして、秋田大会の背番号20
甲子園ではボールボーイでグランドにいた川和田 優斗

金足農高野球部の諸君、本当に、
素晴らしいプレーの数々を
見せていただきました。
 
関連記事
スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 MITSUの山・競 時々戯言, All rights reserved.