FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2018/08/19 (Sun) 熱闘甲子園
2018/08/06 (Mon) 豪雨被害
2017/06/04 (Sun) 安田記念の2
2017/06/03 (Sat) 安田記念

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 兄妹、姉弟が愛し合うなどと言う事は
いつの時代においても許されることではない。
それなのに、そうであったが如く思われている
二人の場合が、万葉集や日本書紀に記述されているが
本当だろうか?

 木梨軽皇子と衣通姫
 天智天皇と間人皇女
 大伯皇女と大津皇子の場合などである。


 木梨軽皇子は、高句麗の長寿王である。
長寿王とは、有名な広開土王の次の高句麗王であり
414年から491年までと在位期間が77年と
異常に長いことからつけられた名前だが
梨木連理から衣通姫との許されない恋物語が作られたか?
 北魏への送使から435年から在位したのは確実と思われ
それでも56年の在位期間であり十分長い。
允恭や雄略と東アジアの覇権を争った王である。

 間人皇女は、中大兄皇子の妹であるが、
孝徳天皇の皇后でもある。
夫孝徳を残して難波宮から飛鳥へと兄とともに移ってしまう。
「かんなつけ・・・我が飼う駒を人みつらんか」
の歌はその時の孝徳の歌だが、
これは、白鳳孝徳の詠んだ歌だと思われる。
里中満智子のマンガ「天上の虹」では、
 間人皇女と兄の中大兄とが関係しているとしたが
相手は大海皇子と思う。
間人皇女は、大海皇子(軍王)に擁立された
一年で亡くなった中宮天皇とも言われる。
讃岐国は、今の香川県であり県庁所在地は高松
この高松は、高句麗と極めて関連の高い名称である。
高松の高は、高氏の高、標章が松なのである。
軍王は、讃岐に遠征した時に、「おもいそやくる我が下心」と詠んでいる。

孝徳天皇も親子二人いると思う。
大化孝徳と白鳳孝徳である。
大化孝徳は、645年(大化の改新)から
649年まで倭国に君臨し
高句麗で太陽王、百済では義慈王である。
白鳳孝徳は、650年から654年まで
君臨した大化孝徳の息子で、
間人との年齢は同じくらいとなる。
皇極天皇が重祚して斉明天皇となった時に
倭国を退去して百済に行き百済の小王孝と言われた人である。

 孝徳親子は、660年の百済滅亡時に唐の捕虜となり、
大化孝徳は、唐国に連行されて間もなく死んだ。

 冨本銭を鋳造し、朱鳥年号を建てた大津皇子は
忠孝で身を保たずと言われ
謀反の罪で、水死させられ、
即位の事実を抹殺された。
相手は、山辺皇女であり後追い自殺しているが
この山辺皇女の歌が、何故か伊勢の斎宮となっていた大伯皇女と混同され
姉弟の悲恋となってしまう。

しかし、大津が命を懸けて父天武に謀反しなければならなかったのは
乙女が就任する斎宮である姉を得るためではなく、父の後宮にいた
山辺皇女との恋を成就させるためだったのではないか?
山辺皇女は山辺姫王とも書かれる。

この他に姫王と書かれているのは額田姫王であり
姫王と書いて、「おおきみ」と呼ばれる。

姫王にはある意味があるのではないか。
それはまた明日。
関連記事
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 MITSUの山・競 時々戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。