FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2019/02/15 (Fri) 還暦
2018/08/19 (Sun) 熱闘甲子園
2018/08/06 (Mon) 豪雨被害
2017/06/04 (Sun) 安田記念の2
2017/06/03 (Sat) 安田記念

 明日で9月も終わる
新潟・小倉・札幌の夏競馬から
中山、阪神、新潟の秋競馬へ

 三歳クラシック三冠レースの
最後を飾る菊花賞に向けて
トライアルレースが続いている


.... 続きを読む
スポンサーサイト




 秋分の日の翌日からの水木金の三日間は
兎に角、あわただしかった

 連日、答弁調整に追われ、合間に、
11月の海外慰霊の打ち合わせや
来春から開始の事業のための下準備やら
連日、21時、22時帰宅が続いた

そして、今日の土曜日も、
金曜日の東京日帰り出張組にも出てきてもらっての休日出勤

なんのことはない、一月以上前に指示していたが、
いつになっても実行する気配がない執務環境改善のために、

 断捨離を実行する、休日でなければ出来ないこともあるのだと
意を決して、敢えて、休日を潰してもらったのだった

 勿論、当人達も納得の上である

 いつかはしなければならないと思いつつ
キッカケがなかっただけなのだと思うことにしている

.... 続きを読む

 9月19日(土)
 金曜日の課内有志飲み会
二日前に開催を打診したのだが
かなりの人数が集まった
 二時間飲み放題4300円の鮨屋開催
旨い鮨と刺身を食べながら
ジョッキで流し込むビールもまた美味

 調子こいて3人程連れて二次会へ
年配のママが一人で切り盛りする
綺麗なお姉さんなんて一人もいない店で
カラオケを何曲か歌う

 綺麗なお姉さんは自分の連れの中にいるではないか
なんていうと、セクハラになるんだろうな

 で、一次会で飲んだ日本酒が効いて
しっかり午前様になってタクシーで帰宅

それでも、目覚めは早く、何故か身辺整理を始めてしまう

.... 続きを読む

昨日の京都戦 1-0で勝利したM山形
12勝目を挙げて、勝ち点は45、8位に浮上

J1昇格の可能性を残す6位以内まで
勝ち点4差になった

下を見れば、同じ勝ち点4差までに5チーム
まさに団子状態で、各チームとも抜け出せない

M山形も、今季連勝が一度もない
引き分けを挟んでの連勝はあっても
爆発力がないのである

栃木、讃岐と続く9月のゲームに連勝
昇格圏内突入と行きたいものだ


9月13日 土曜日
 精密検査の結果を聞きにN藤医院へ
 経過観察ということで一件落着
 それにしても、6月の健康診断時の
異常な数値はなんだったんだろう?
 N藤医院は、人気もなく、すいていて
村総時代からのかかりつけ医ということで
カルテには、しっかり、自分の数年分のデータが
蓄積されているわけで
なにかと都合がいいのであった

9月14日 日曜日
 部活終了の息子の到着を待って庄内へ
 加茂水族館に家族4人で
 前回は、妻と二人だけだった
 息子と娘は新装なってから初の訪問
前回ゆっくり見られなかったクラゲの数々をしっかり目に焼き付けて
近くの灯台から日本海に沈みゆく綺麗な夕日も久々に見た

 夕食は、金太郎鮨に久々行ってみた
 待つこと20分ほどで着席
 山形の回転すしとはやはり違うなとは息子の弁
 山形に戻ったのは9時半くらいになっており
200キロを超す日帰り長距離運転は、チト、きつくなってきた
ということを痛感する翌日の目覚めだった

9月15日 月曜日
就活で一時帰省していた娘が、福島に戻っていく日

 妻は、外食+送りの計画を立て
運転手はアッシという前提で、本人の了解などまるで関係なしに
計画に勝手に組み込まれている

 午後、二時半過ぎに仙台へ、午後4時前に
勾当台公園駐車場にパークイン

 各自一時間ほどの自由時間の後
三越前にある利久へ
 牛タン定食のバリエーションも豊富になって
食欲旺盛な息子は、1.5人前定食
妻は、牛タン定食、娘は牛タンハンバーグ定食でアッシはシチュー定食
 
 福島から戻れば、これまた午後9時50分

 明日からの仕事再開がうっとおしい三連休の終わりであった

 自分に、ホントにお疲れ様 である



 今日、未明、錦織圭がセットカウント3-1で
ジョコビッチに勝利して、日本人選手として初の決勝に進出した

              20140907-00000019-jijp-000-view.jpg

 ハイライト映像を見ただけだが、素晴らしい戦いだったようだ

 96年ぶりの快挙から二日後、新たな歴史を作った錦織選手

 日本人選手として、4大大会初優勝という新たな歴史を作ってほしいな

決勝は、日本時間では、9日の朝6時から開始される

 エースを狙えという漫画があった

 我が家には、妻が持ち込んだ全10巻がある

 かつて、日本のテニスは強かった

 日本テニス界の悲劇は、戦争前、世界ランキング3位の
佐藤選手がマラッカ海峡で身を投げて自殺したこと

 そして、庭球協会の解散、戦争で
多くの有望な選手が死んだこと

マンガの中にそんな吹き出しがあったことを、
思い出させててくれたニュース

 それが、96年ぶりに、全米オープンで
錦織圭が準決勝に進出  だった

 快挙というよりも96年ぶりということのほうが驚きである

 ほぼ一世紀前、日本人選手にそんな強者がいたことに驚きがある

 さあ、準決勝の相手はジョコビッチ
勝ったこともある相手ではある

 決勝進出なるか? 注目の一戦は6日に行われる

 新たな歴史が生まれる瞬間を見てみたいものだ






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2014 MITSUの山・競 時々戯言, All rights reserved.