FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2018/08/19 (Sun) 熱闘甲子園
2018/08/06 (Mon) 豪雨被害
2017/06/04 (Sun) 安田記念の2
2017/06/03 (Sat) 安田記念

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 夏の大会も決勝戦が終われば夏が終わってしまったような気分になる

 あの頃、夏休みが終わる日と、夏の決勝戦が行われる日が
だいたい、同じだったようなきがする

 長男の長男として生まれた我が身に
東京方面から里帰りしてきた従妹たちが東京に帰っていくのもまた
決勝戦が終わるころだった

 ヒグラシがないて、妙にさみしくなる

 東京は、8月いっぱいが夏休みで、従妹たちは
宿題はそこからやればいいが、こちとらなんにもしないで
青息吐息の夏休みだったような気もする

 1966年 昭和41年 中京商が春夏連覇した夏
小学校2年の夏、初めて甲子園大会というものを意識した
叔母が「中京は強いからねえ」といった言葉を覚えている

 小学4年の夏、地元のソフトボール大会にライトで出ていた
自分の落球で点を取られて試合に負け、同じ時刻くらいに
日大山形が岩国商に0-1で負けた日だったことを覚えている

 小学5年の夏、三沢と松山商の決勝戦を18回終了までずっと見ていた
引き分けの翌日の再試合もずっと見ていた

 あれだけ入らなかった点が、再試合では初回に簡単に点が入って
三沢高校が2-4で負けて、泣いたことを覚えている

 ビデオもない時代、見逃せば見られないと思って
春も、夏も、何試合も見てきたことになる

 北奥羽(青森と岩手)、西奥羽(秋田と山形)、東北(宮城と福島)の
3代表が東北から出場していた時代、48年前から40年前くらい前
までのあの頃のことである

スポンサーサイト

 決勝戦 一時間四十分余りの試合時間に
球運は行ったり来たりしていた

 大阪桐蔭高校4度目の日本一
三重高校、初の夏制覇ならなかった

 スコアは、去年の決勝戦と同じ、4-3
 先制点チームがリードを守り切れづず敗れたのも同じ

 90回、94回そして今回と、
7年間で3回の優勝を果たした大阪桐蔭の強さが際立った

 広島の広陵高校、岐阜の大垣日大高校、熊本の城北高校
沖縄尚学高校、新潟の日本文理高校に勝って決勝に進出した三重高校
 ここ何年も、緒戦負けが続き、一勝が遠かった
県勢の悪い流れを止めた三重の健闘もまた素晴らしかった

 大会の中で、負けた4000余校の
全国制覇という夢の続きは来年に

 一度も負けないで夏を終える学校はただ一校
その一校になるための夢の続きは、また、来年に

 さあ、南から北から、2年生と1年生だけの新チームが
夢の場所目指して、日本一を目指して
それぞれの、活動を始めている
 
 

 北陸勢VS東海、近畿の準決勝
第一試合は三重が今井投手の力投で
5安打完封で日本文理に5-0で

第二試合は大阪桐蔭が敦賀気比に15-9で
両校合わせて本塁打5本が飛び交う
壮絶な打撃戦の末に勝利して

 明日の決勝で対決することとなった

 決勝に進出した両校は、緒戦で
一度は死んだも同然の試合を拾って勝ち進んだ

三重は、広陵に敗戦寸前に同点に追いつき、延長でサヨナラ
大阪桐蔭は、4安打と全く打てなかったが、相手のミスで一点差辛勝だった

そこから、一戦、一戦、調子を上げて、
日本一まであと一勝のところまでやってきた

 大阪桐蔭の甲子園での強さは抜けている
 8回出場で、決勝に進出が半分の4回
 確率5割なんて信じられないよ
 夏の決勝では一度も負けていない

 三重は、県勢59年ぶりの決勝進出 四日市が優勝して以来だ
春の優勝経験のある同校 勝てば春夏制覇校の仲間入りだ

 北陸勢の旋風はここで止んだが、特筆される勝ち星の数々だった
特に、好調の東北勢を準々決勝で沈めたのが北陸勢だった

  夢は、来年以降に持ち越したが、雪国の学校が
再び、日本一になる日が来ることを期待している

  明日は、甲子園方面は雨予報、
少しでもよい状態で、決勝戦が行われることを祈っている


 昨日、最後の夏休みにした 六日目完全消化となって
朝から高校野球観戦、準々決勝の4試合を見ていた
 そろそろ記事を書こうとしたら、遠くの方から物凄い雷鳴がなり始めた

前にルーターがやられたのにこりて、あわてて、シャットダウン
 間もなく、我が家のブロックだけ停電してしまい、間一髪間に合った

 今日は、大会初の休養日
ここまでの地区別勝敗は
 北海道 1勝2敗  東 北 9勝6敗  関 東 5勝9敗
 東 海 6勝3敗 残り1校
 北陸信越 13勝3敗 残り2校
 近 畿 5勝5敗 残り1校
 中 国 1勝5敗  四 国 1勝4敗  九 州 4勝8敗

 北陸勢の強さが際立っている
.... 続きを読む

 今日の4試合で8強が出揃う大会十一日目

 3回戦は、二戦目三戦目のチーム同士の対戦
締まった好ゲームが期待され、期待に違わぬ熱戦が
昨日も今日も繰り広げられた

 今日の敗戦チーム
第一試合 富山商は先制されるも逆転したが勝利目前サヨナラ負け
第二試合 八頭は、大阪桐蔭の繋ぐ打撃に完封負け
第三試合 近江は、これも勝利目前、9回にサヨナラ負け
第四試合 山形中央は、健大高崎に走られて敗戦

 それでも、甲子園で2勝を挙げた
公立高校の富山商と山形中央

 山間の町から地元選手だけで一勝を挙げた八頭高校
 強豪を完封した近江高校

 それぞれの学校の健闘を称えたい

 明日は一日で4試合一気に行われる準々決勝
一番面白い日でもある

 去年の準々決勝は4試合全てが一点差ゲームで
逆転あり、延長あり、サヨナラありの好ゲームばかりだった

 さて、今年はどういうドラマが待っているんだろう
 

 都道府県毎に相性が良い相手、
悪い相手というのがあるようだ

 一時期、沖縄が神奈川の天敵だった時期がある
優勝候補で乗り込んできた桐蔭学園や横浜を
評判がさほど高くなかった代表が緒戦で沈めていた

石川県代表にとっての青森県代表
山形県と岩手県代表にとっての福井県代表
その相性通りの結果になったのが
今日の第一試合と第四試合だった

第一試合 八戸学院光星が延長10回
5-1で石川星稜に勝利し8強一番乗り

 7回の出場で、初出場で緒戦敗戦以外
4強、8強、8強、準優勝、準優勝、そして今回と
最低でも8強になるという安定感である

第四試合 盛岡大付属は1-16で
福井・敦賀気比の猛打に屈した
松本投手が右腕負傷だったようで
これで、福井代表には5戦全敗である
岩手代表は負けるときは結構大差で負けるなあ
敦賀気比は17年ぶりの8強

 今大会好調な地区同士の対戦は1勝1敗だった

第二試合は、沖縄尚学がサヨナラで二松学舎大付属に
第三試合は、三重が城北に競り勝った
沖縄尚学は、夏は初の、三重は46年ぶりの8強だった

明日で8強が出揃う

いよいよ残すは休養日を含め5日間である

 今日から仕事
頭は仕事モードに中々切り替わらない

 そんな今日は甲子園では2回戦残り3試合
第一試合に山形中央、第二試合に聖光学院が登場

山形中央は南北海道代表東海大四と対戦
息詰まる投手戦は延長へ

G20140819008773160_thum.jpgG20140819008773390_thum.jpg
完封リレーの2年左腕佐藤君と3年右腕石川君
  石川君は、自己最速の148Kの速球も披露

延長10回表、四球で出たランナーが盗塁
送球がそれる間にこの試合初めて3塁に進塁
 7番打者が三遊間を綺麗に割ってタイムリーヒット
待望の1点が入る

G20140819008773320_thum.jpg


ヒットで出たランナーも、更に盗塁で揺さぶって
悪送球2個が続いてホームイン
決定的な2点目が入った
その裏の攻撃を0点に抑えて
二投手による完封リレーを達成
県勢として夏の甲子園初の完封
公立高校として初の2勝を挙げた

 3回戦では、機動破壊 健大高崎と
大会十一日目の第四試合で、8強をかけて対戦する

第二試合、聖光学院が4-2で佐久長聖に勝利
こちらも大会十一日目の第三試合で、滋賀代表近江と対戦する

東北勢は、今日の2勝で地区7勝、好調北陸勢との対戦は
明日、第一試合で、光星学院が星稜と
第四試合で、盛岡大付属が敦賀気比と対戦する

ベスト16に4校進出は史上初となった
8強に東北勢4校進出も夢ではないかもしれない

2回戦最後の試合は、明徳義塾と大阪桐蔭の優勝候補同士の
3年連続の対戦 過去2年は、一昨年は準決勝で大阪桐蔭
去年は3回戦で明徳義塾と、1勝1敗の五分
結果は、序盤でリードした大阪桐蔭が5-3で勝利

16強が出揃った地区別の内訳は、
東北4、関東2、北陸4、東海1、近畿2、中国1、九州2となった

明 日 光星学院VS星稜 沖縄尚学VS二松学舎大付属
     三重VS城北 盛岡大付属VS敦賀気比
明後日 富山商VS日本文理 八頭VS大阪桐蔭 
     聖光学院VS近江 健大高崎VS山形中央

 8強に残るのは何処になるだろうか?
 どの試合も激戦必至、仕事で見られないので
熱闘甲子園を録画するのも楽しみである
 

 北陸勢の勢いが止まらない

 緒戦全勝に続いて
二戦目も、昨日に続いて連勝
地区連勝を9に伸ばした

 今日、新潟代表の日本文理が3-2で
愛知代表東邦に逆転勝ち

 石川代表の星稜は、4-1で
鹿児島代表鹿屋中央に快勝した
 
 明日、長野代表佐久長聖が勝てば
地区代表がすべて2勝という快挙達成だ

 これだけ勝ち進んでも3回戦で対戦するのは
日本文理と富山商の一試合だけ

 どこまで続く快進撃 注目である

 我が東北勢は、利府が健大高崎に
0-10で完敗 残るは4校

 明日、第一試合に山形中央
第二試合に聖光学院が登場する

 勝敗は別にして、いい試合
両校の健闘を期待している


 今日で49代表がすべて登場
第三試合からは2戦目の学校が対戦

 第一試合 沖縄尚学が作新学院に勝利
山城投手が完璧な投球で1失点完投

第二試合 八戸学院光星が終盤の逆転で武修館に勝利
緒戦勝ちを6回連続に伸ばした

第三試合 富山商が岡山の関西に勝利
県勢として2年連続2勝を挙げた
学校としても久々の2勝

第四試合 敦賀気比が春日部共栄に快勝
北陸勢の連勝は7に伸びた
8強をかけて盛岡大付属と10日目第四試合で対戦する

三回戦進出が次々決まり、全試合抽選方式の対戦相手が決まり始めた

沖縄尚学は10日目第二試合で二松学舎大付属と対戦する

明日も、日本文理、星稜、利府と
たて続けに北陸・東北勢が登場する

全勝を期待している

 大会初日に龍谷大平安
昨日、九州国際大学付属
 そして今日、東の優勝候補
東海大相模が3-4で緒戦敗退した

勝った岩手代表、盛岡大付属は8回目の夏で
嬉しい初勝利、3回戦にコマを進めた

東北勢4連勝の後を受けて
秋田代表角館高校が鳥取代表八頭高校と対戦
1回に先制するも1-6で逆転負け
東北勢5連勝はならなかった

明日は、沖縄尚学が作新学院と
八戸光星学院は武修館と対戦する
最後に登場の岡山代表関西高校は
富山商業と対戦

この試合から2試合目の学校の戦いが始まる
緒戦を勝った学校同士の、日本一長い夏を目指した戦い
緒戦の反省を生かした素晴らしい試合を期待している


 北陸勢が強い
 昨日、長野代表佐久長聖が東海大甲府に3-1で勝利し
北陸勢は、福井、石川、富山、新潟に続いて
5県全部が緒戦を突破した
これは、長い大会史上で初めての記録
4県勝利でも最多だったが快挙である

東北勢も強い 去年は緒戦5勝1敗だったが
今年も一昨日の利府に続いて、
聖光学院と山形中央が、それぞれ1点差の勝利
特に、山形中央は3点のビハインドを9回
4点取って逆転し、夏の甲子園初勝利を挙げた
山形県の公立高校としても37年ぶりの勝利だった

聖光学院は5年連続の緒戦突破となった
東北のチームとしては出色の成績である

今日、大阪桐蔭と明徳義塾が勝利し
二回戦で対戦することとなった
この両校は、去年も三回戦で対戦している
去年は明徳義塾が勝ったが、今年はどうだろうか?

 明徳義塾も5年連続緒戦突破である
緒戦に強い明徳義塾には二戦目の壁がある

 さて、今日の第三試合から二回戦
二松学舎大付が長崎海星に勝って、ベスト16一番乗り

 九州勢は鹿屋中央以外敗戦が続いている

さあ、明日の東北勢は、岩手代表盛岡大付が東海大相模と
秋田代表角館高校が鳥取代表八頭高校と対戦する


 大会三日目 今日も4試合 接戦・熱戦続きの4試合

第一試合 群馬・健康福祉大高崎と
山口・岩国の対決は、岩国が先制するも
高崎が逆転、5-3で勝利
昨年の1回戦も群馬対山口の対決だった
前橋育英が岩国商と対戦1-0で初出場初勝利
その後連戦を勝ち抜いた前橋育英は優勝した
さて、今年も山口代表を破った健大高崎はいかに?
二回戦で宮城・利府と対戦する

第二試合 市立和歌山と鹿児島代表鹿屋中央の対決
先制したのは市立和歌山、鹿屋中央が追いついて延長へ
後攻の鹿屋中央がサヨナラ勝ち
市立和歌山は、ワンアウト一塁三塁のピンチに
状況に応じて、ゲッツーでもホームタッチアウトでもの
両にらみ作戦が裏目に出た

勝った鹿屋中央は二回戦で星稜と対戦する

第四試合 広島・広陵対三重
先制広陵、追いすがる三重の展開は
9回裏の三重の攻撃まで4-2
三重がツーアウトからの2点タイムリーで延長に
延長11回裏、三重の攻撃
ツーアウト満塁から押し出し四球で広陵のサヨナラ負け

三重は、久々の甲子園勝利
二回戦で大垣日大との隣県対決となる

この3試合は、先制点を挙げたチームが、全部逆転負けだった

今日唯一の先制チームの勝利は、宮城代表利府高校
4-2で7年前の全国制覇佐賀北に快勝、
春は3勝挙げて旋風を起こして4強になった実績もある
学校であるが、夏の初出場を嬉しい勝利で飾った

明日も4試合 山形代表は第四試合に登場する。
明日から一泊二日の東京出張

ブログは、明後日にまとめて書くことにする



 大会二日目
 前線の影響で雨 30分遅れて
第一試合 日南学園対東邦の試合開始

 東邦の猛打炸裂で、予選4試合で1失点のみの
日南学園投手陣を粉砕
 11-3で久々の夏の勝利を飾った

第二試合 地区大会決勝で0-8から
サヨナラ勝ちした星稜が2-4から
終盤逆転で静岡に勝利
これまた久々に夏の勝利

第三試合 日本文理が大分との剛腕対決を制し
準優勝した平成21年以来5年ぶりの勝利

第四試合 初回に8点を失った後攻の大垣日大
初回に4点とって食い下がり一方的な試合展開に
なるのを防いだのが、その後の試合に大きく影響した
途中、相手のツーランホームランを浴びて最大6点差まで開いたが
終盤、小刻みに反撃し、とうとう8回裏に追いつき
ツーランホームランで追い抜いた

第二試合から第四試合までの勝利校は
2年連続出場で、しかも去年は緒戦で
敗退していた学校だった

 去年の開幕日
開幕試合で大垣日大は4-5で有田工に敗戦
第二試合で日本文理は、2-10で大阪桐蔭に
大会三日目、星稜は、5-12で鳴門に大敗していた

 昨日、今日で北陸4県はすべて勝利を飾った
強いぞ北陸勢

 明日、東北勢のトップを切って利府が佐賀北と対戦する



 台風の影響で二日順延になった大会は
今日、開幕を迎える

 甲子園球場は90歳になる
何度か改修されて今の姿になったわけだが

ツタのからまる外観は変わらない

 アルプススタンド、大鉄傘、スコアボードは電光掲示板になり
ラッキーゾーンは設置され、撤去され今に至っている

 去年改修中だった阪神甲子園駅も改修は終わっているのだろう

 今日、夏休み4日目、今日から働いていただく臨時職員に
辞令を交付して、家に戻って丁度9時
開会式に間に合って、選手諸君の入場を見届ける

 選手宣誓の中にも甲子園球場90年が盛り込まれていた

 第一試合、春夏連覇を目指した平安が春日部共栄に敗戦
緒戦を勝てば乗っていけるのだろうが
去年の浦和学院がそうだったように、
春夏連覇に挑んだ多くの学校が緒戦で姿を消しているのも事実だ

 さあ、台風も過ぎ去って、暑い甲子園の夏がやってきた。


 山形県は、北日本にいちしているためなのか
大きな台風被害にあった記憶はない

 旅先で台風に直撃された思い出はある

 妻と2歳になる直前の娘と三人で
博多→ハウステンボス→長崎の旅に行った時のこと

 山形から仙台空港に車で移動 仙台空港から福岡空港に飛んで
博多の町中へ、太宰府天満宮にお参りして、娘のお守りを買った

 西鉄ソラリアホテルに泊まって、中洲の屋台でラーメンをすすった
ここまでは天気はとても良かったのだ

 二日目も朝までは天気が良かったのだが
ハウステンボス号で佐世保沖にあるハウステンボスへ向かう頃には
雨模様になっていた
 奇抜な傘を購入して、園内を回って楽しんだが
台風の接近に伴って、店舗が次々と閉店していき
台風に備えた準備作業を始めていた

 強まる風雨の中、テーマパーク内のホテルに宿泊した

 翌朝、一番の列車で長崎へ、これがその日の運航最後の列車だった

.... 続きを読む

 前線と台風のタッグマッチツープラトン攻撃で
西日本や北海道の各地で長雨が続いている

 台風の進路は北、北上の速度は遅い
東北に進路を取る予報が出ている

週末にかけて中国・近畿方面に進出するかもしれない

夏の甲子園は開幕から延期になるかもな

 今日の山形は、三時過ぎから所により雷雨

 気温は高いのに、冷えた空気が流れ込んで
涼しい風が吹き渡っていた

大気の状態不安定というやつで
雷も鳴って、花笠まつりの最終日は中止となった

 あ~、眠い

 寝苦しい夜に、そろそろオサラバしたいものだ

 



 午後4時から抽選が行われた第96回高校野球選手権大会
緒戦の相手が決まった

 好カード続出の面白い組み合わせになったと思う

一日目 ①平安━春日部共栄 ②坂出商━敦賀気比 ③日大鶴ケ丘━富山商
二日目 ①日南学園━東邦 ②静岡━星稜 ③日本文理━大分 ④大垣日大━藤代
三日目 ①健大高崎━岩国 ②鹿屋中央━市和歌山 ③佐賀北━利府 ④三重━広陵 
四日目 ①東海大甲府━佐久長聖  ②九州国際大付━東海大四
      ③聖光学院━神戸国際大付  ④小松━山形中央 
五日目 ①明徳義塾━智弁  ②開星━大阪桐蔭 ここから二回戦で③二松学者大付━海星(長崎)
六日目 ①鳴門━近江 ②城北━東海大望洋 ③東海大相模━盛岡大付 ④角館━八頭
七日目 ①沖縄尚学━作新学院 ②八戸学院光星━武修館 ③関西━?

 東北の公立校は、すべて公立校が対戦相手となった
お互い好投手を擁しており、どの試合もいい勝負になるだろうな。

 春夏連覇を目指す平安は、春日部共栄と開幕戦で対決
厳し条件となった
二日目の ③日本文理━大分は注目のエース対決
三日目の ④三重━広陵は、古豪対決
四日目の ③聖光学院━神戸国際大付 
五日目の ①明徳義塾━智弁 
六日目の ③東海大相模━盛岡大付そして 七日目 ①沖縄尚学━作新学院と
注目の組み合わせが連日組まれている
どの試合も激戦必至であろう

 週末の土曜日に開幕するわけだが、台風11号の進路と速度が気になる。
どの学校も、良いコンディションで試合してもらいたいな。

 夏休み連続登山の二日目は、月山、1984mへ

P8040293.jpg
山頂から来し方を見下ろす

 午前4時起床、5時前に自宅出発
国道112号を走り、志津温泉へ、
そこから5キロ山道を走って姥沢の駐車場へ

 早朝6時過ぎなのに、県外ナンバーが何台か並んでいる

 リフトの始発まで1時間30分以上あるので、
姥沢小屋から右へ巻いて登っていくことにしたが
小屋が無くなっていた その疑問は下山後に判明することになる

 山頂まで2時間30分の表示も、そんな時間で着くんかいな?
2時間30分を実動と考えれば、休憩を含めて3時間と予想
9時30分山頂着を目標に登山開始

 百名山制覇を目指しているという大阪からきたという
オジサンと抜きつ抜かれつしながら登っていく

 湿原保護のため設置された木道や石畳の道で
快調に高度を稼いでいくが
 連日の睡眠不足に、だんだん体が重くなってくる

頂上直下の急登ではバテバテになりながら
なんとか15分遅れで9時45分山頂神社に到着

 何度も月山に来ていたが、6月中旬の子供連れ登山では
残雪が多くて途中で引き返したり
 遅い登山開始で、出会いまでで時間切れだったり
 今回は、実に、28年ぶりの山頂登頂だった

P8040279.jpg
 今年は、雪が多く、この時期になっても残雪が広い面積で残っていた

 山頂付近で、写真をとったりしながら休憩一時間
10時45分下山開始、12時45分駐車場着
 着替えてから、志津温泉の仙臺屋さんで、
キャラメルコーヒーフロートを食し
火照った体を冷やす。

 そこで山葡萄ジュースを飲んでいた山岳ガイドと思しき
地元西川町にお住いの先達から、
姥沢小屋が風で飛ばされたことを教えてもらう
飛ばされたのは、12年前と今度で2度目とか
吹きおろしの風がもっていったというのにビックリ

 13時30分過ぎに仙臺屋を後にして、銘水館へ
水沢温泉に入浴して、汗を流してサッパリ

 自販機に、昔懐かしい瓶コーラが売っていたので
買ってみたが、久々で、備え付けの栓抜きで栓を抜いたら
中身がシュワッと出てきてしまった

 炭酸飲料であることをすっかり忘れていたな

 明日も休みだが、完全休養日にしようかな

P8040290.jpg


 夏休みで帰省中の娘と2年ぶりに登山

 ホントは、宿泊で、飯豊連峰の主峰である大日岳にいきたかったが
連日の猛暑日予報に恐れをなして、日帰り登山の連発に方針転換

 今朝、4時30分、娘の声掛けに反応し起床、2度寝にならずに済んだ

 30分で支度を整え、出発、笹谷峠までは約一時間のドライブ
6時少し前に登山開始、順調に高度を稼ぐ

 目標は、雁戸山(ガンドサン)1484mの双耳峰の北峰
所要時間は2時間30分を予定、8時30分には山頂という目論見

30分から50分おきに、適当な場所を選んで短い休憩を2回
最後の急な登りの前に大休止15分を取って山頂へ

 日曜日の早朝ということで、抜かれたのは2人

 予定どおり8時30分、山頂到着

 快晴、雲が少ない各名山の山容に目を見張った

蔵王が間近に見える 西には大朝日、月山、鳥海山が綺麗に見えている

P8030261.jpg
 蔵王の最高峰熊野岳

P8030270.jpg
 明日上るぞ月山

P8030272.jpg
 大朝日連峰

P8030271.jpg
 鳥海山も、スッキリと見えている

 高山植物も6種類くらい咲いていて、途中の坂道の辛さを慰めてくれる

 30分山頂で休憩し、9時5分、下山開始
11時15分に笹谷峠駐車場に無事帰還

 汗だらけの上着を脱いで、登山靴からサンダルに履き替え
長靴下、短靴下から裸足になれば、開放感が充足してくる

 峠を下ること5分位の所にある、冷たい水場で、頭を冷やし
タオルをひたして、汗をふけば、気分爽快

 室外温度27度も下界に下りれば35度の猛烈な暑さだった 

 さて、明日は、自分の夏季休暇2日目である
月山に行く予定であるが、体力がもつかな?

 銘水館での一風呂を楽しみに、行ってみっか?

 日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手が
2年ぶりに一軍勝利を飾った

 第二の野球人生が始まったという
お立ち台でのセリフに実感がこもっていた

 故障から復帰してもノックアウトの連続で
勝ち星がないいまま復活は遠いと思っていた

 速球の球速は出ないが、コントロールよく投げ込んで
6回1失点、味方がリードを守って勝利した

 たかが1勝であるが、されどの1勝
次回の当番にも注目しよう


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2014 MITSUの山・競 時々戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。