FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2019/02/15 (Fri) 還暦
2018/08/19 (Sun) 熱闘甲子園
2018/08/06 (Mon) 豪雨被害
2017/06/04 (Sun) 安田記念の2
2017/06/03 (Sat) 安田記念

 大阪府、神奈川県、静岡県、長崎県で代表が決定

 大阪府代表 大阪桐蔭は3年連続
 PL学園は久々の出場が叶わなかった

 神奈川県代表 東海大相模
 初出場を狙った向上高校に圧勝

 静岡県代表 静岡高校
 掛川西高との公立高校対決を制した

 長崎県代表 海星高校
 近年力をつけてきた創成館高校を撃破

 今日で、48代表が決まって残すは愛知県代表
東邦高校VS栄徳高校 古豪対新鋭の対決で明日決勝戦
49代表が出揃うこととなる

 毎年のことであるが、連続出場あり
古豪復活あり、久々登場あり、初出場ありの多彩な顔ぶれとなった

 組み合わせ抽選の結果次第であるが、
去年から復活した隣県・近県対決有の全試合抽選方式で
どんな緒戦の組み合わせになるのか、今から楽しみである

スポンサーサイト




 後半戦に入ったJ2のモンテ山形

 夏休みの2連戦はホームゲームでの連戦だったのだが

 結果は、1-2のスコアで連敗

 北九州には、先制しながら逆転負け
 群馬には、先制されたが追いついたものの
決定機を決めきれないまま逆転し損ねて失点と
不甲斐ないゲームを続けている

 前半戦を8位で折り返し、さあここからというところで乗っていけない

 ホームゲームに詰めかけたファンをしっかりガッカリさせてくれた。
こんなんじゃ、益々見に行く気がなくなるな



 今日も、西から東から、地区代表が決まった夏の高校野球

 あっと驚く結果が待っていたのは石川県大会
小松大谷と星稜の決勝は8-0で小松大谷リードで
9回裏の星稜の攻撃へ

 これが準決勝までだったら7回コールド負けの試合だが
決勝にコールドはない

 星稜、怒涛の反撃は連打、連打、8点取って同点とし
結局サヨナラで甲子園切符を掴み取った

 ほんと、高校生の試合は、ゲームセットまで
何が起きるかわからない

 同じ8-0でも、徐々に差を詰めたのではなく
一気に9点取った精神力に脱帽である

 新潟県でも、9回にサヨナラスリーランが飛び出して
日本文理が関根学園にサヨナラ勝ち
二年連続の出場、プロ注目の飯塚君の投球が
甲子園でまたみられる

 兵庫県は、神戸国際大付属が夏は初出場を決めた
鳥取県は八頭高校、広島県は広陵高校

 栃木県は、作新学院が4連続
埼玉県は、春日部共栄が久々の代表に

 雨で順延になった大会もあったようで
明日もいくつかの地区で代表校が決まる。


 

 なんとなく嫌な予感がして、6時少し前に目が覚める
町内の公園の草むしりはきょうだったのではないか?

と思い、眠い目をこすりながら、食堂のカレンダーを確認すれば
なんと、一週間前だったではないか。

起きてしまったものは仕方ない と早速頭を切り替えて
明日行う予定だった墓掃除に行くことにした

 意図的に回り道を選んで通り、かつての通学路なんかを通ってみたが
面影がほとんどなくなっていた
故郷を離れて40年経つとはそういうことなんだな。

墓掃除の時期としては、まだまだ早いわけで、
当然のごとく、寺が頼んだ草刈部隊も出動しておらず
我が家の墓までの道すがらは、雑草に覆われている。

 長鋏で、伸びに伸びたワラビや桔梗などを根元付近から刈り取って道を確保
墓の周りにびっしり生えた草をむしりながら、約一時間
なんとか掃除したような恰好がついたところで墓本体の掃除
水をかけ、タワシでこすり、仕上げに布でふき取って完了

 墓参まで、もう二週間もあるのだから、墓参時にはまたのびているんだろう
それでも、しないよりはましかなと思いながら、墓地を後にする

 頭や、額や、腹周りから汗が噴き出すような午前8時前の陽気
気温30度になろうかとという早朝作業であったが、タオルを忘れて拭くものがない

 山辺温泉に入ろうかと思ったが、今回も見送って
ティッシュで顔を拭きながら家に戻って着替え

 昼過ぎには益々気温上昇、クーラーの効いたリビングで
競馬中継を横になりながら見るとはなしに見ているうちに爆睡

 夏休みの二日目はこうして終わる

 明日も、墓に行こうかな?

 
 


 今年異動になった職場は、お盆に仕事が入っており
その期間は休めない

 ということで、6日ある夏季休暇を、少しづつとることにして
その第一回目を今日取得
率先して休んで完全消化を目指すが、何も予定はない

 予定は無いなりに、なにがしかを行うことにして
まずは、洗車してから、接骨医院へ

 母の部屋の掃除をして、
玄関前の廊下を掃除してから
外に出て、伸び放題の芝を刈れば、
気温30度を超えた室外作業のことで
玉の汗が、額から流れ落ちてくる

 めげずに、サフィニアの枯れた花をつまんで、
雑草もついでにむしって、まずは一仕事完了

 コーヒー飲みながら一服すれば、ウトウトしてくる

 夕方には妻が職場の飲み会とかで
行き返りの送迎で一日終了の時間である

 明日は、早朝から、墓掃除にでも行くとするか・・・
 

 前橋育英の高橋君、済美の安楽君
浦和学院の小島君、
去年、春や夏の甲子園を沸かせた投手のいる高校が
次々と地区大会で敗退している

 昨日、昨夏4強の日大山形が準決勝で敗戦
今日、花巻東が決勝で涙、

常総学院は準決勝で敗退
 いずれも連続出場を阻まれた

 一方で、嬉しい初出場も続出
 大分県の大分、鹿児島県の鹿屋中央、北北海道の武修館、
秋田県の角館と、宮城県の利府は公立高校の躍進だった

 明日も、新たな出場高校が決まる


 準決勝の2試合が行なわれて
酒田南が5-3で日大山形を
山形中央が5-1で鶴岡東を破って

明日の決勝は、酒田南VS山形中央となった

 なんで梅雨明けしないのかと思ったら
梅雨前線が南下してきて、夕方から雨だった

 十一時近くになった今も雨が降り始めている

 梅雨明けは週明けか?

 どっちが勝っても、甲子園で戦えるチームであることは
間違いない、だから、自信を持ってガンバレ、山形の球児たち



 梅雨が明けたような陽気の中
 準々決勝は二日間で4試合が順調に行われて
ベスト4が出そろった山形県大会

 昨日、第一シード日大山形は酒田光陵にコールド勝ち
第四シードの酒田南は、山形城北にコールド勝ち

今日、ノーシードの山形中央は鶴岡南にコールド勝ち
第三シードの鶴岡東は長井に6-2で勝利

 明日は休養日で明後日に準決勝が行われる
 日大山形VS酒田南
 山形中央VS鶴岡東
 山形地区対庄内地区の対決となった

 決勝は、日大山形対山形中央となるとみた

 昨日、沖縄代表が沖縄尚学高校に決まった
今日、宮城県は利府高校
山梨県は、東海大甲府高校が代表に決まった

 明日以降も、次々代表が決まっていくだろう
熱い、暑い夏がまたやってくる。



息子のいない三連休の中日

海沿いの庄内地方に遠征

目的地は、加茂水族館にクラゲ鑑賞と
140年ぶりに御開帳の羽黒山へ参詣に

9時過ぎに遅い目覚めの妻も
11時には出発しようということで
そそくさと支度して10時30分過ぎには出発

さすが三連休の中日、夏休み最初の日曜日
月山道と112号の合流地点で約2キロの渋滞

それでも、午後1時には加茂地区に侵入するも
そこからまた渋滞、何度か諦めかけたが
ここまで来ての途中リタイアはない
と決断して、ノロノロ運転を続けて
一時間半かかってようやく臨時駐車場に駐車

海沿いの水産高校では学園祭が行われており
渋滞に拍車をかけている

ようやくの思いで、新築なった加茂水族館に初の入場
(水族館フリークとしては、旧館に何度か入場している。)

クラゲを見て、アシカを見て、庄内竿の解説に見入って
省内の魚料理の解説も含めて約1時間半、水族館を楽しんだ

館内撮影OKの大水槽の前で、記念撮影。

午後3時45分過ぎに、羽黒山参詣に向かう。

途中給油や、コンビニで水分補給もあって
午後5時少し前に、羽黒山山頂駐車場に到着

うっそうと茂る杉木立出の中、参道を歩んで
140年ぶりに御開帳になった
出羽三山を開いた蜂子皇子の木造の御尊顔を拝しながら
ありがたく参拝、おみくじなんかもひいたりして

帰りの山形道も、月山ダムを過ぎたあたりから途中渋滞しており、
二時間以上かかって山形市内に戻る。

途中に、てんぷらそばが食べたくなって
三津屋西田点に立ち寄るがオーダーストップ
仕方ないので近くの金ちゃんラーメンにて夕食

山形の自宅に戻ってきたのは8時過ぎていた。

今日も、妻と二人の時間を何とか過ごせた

退職したら、毎日、毎日、どう過ごすのだろう?


三連休の初日
息子は菅平高原に全国大会で遠征中ということで
大雨予報もあって、近間のお出かけということで
妻と二人で映画を見に行った

笑えるかなという期待に違わぬ
爆笑シーンもしっかりあって楽しめたな

参勤交代を元ネタに
映画が作れるという実験のような映画

笑いました、そしてちょっぴりホロッとしました

佐々木蔵之介の小藩の殿様
と西村雅彦の筆頭家老がいい味を出している

深田恭子の遊女
石橋蓮司の首席老中
悪役の役回りで陣内孝則の老中
そして、将軍吉宗に市川猿之助
などが主な配役

おまけ、
エンドロールを見ていたら
乗馬になっていたかつての競走馬
シャコーグレイドが出演していた


 埼玉地区予選が大波乱の連続だ
春の県大会優勝の浦和学院と
準優勝の聖望学園が既に敗退していたのだった。

沖縄では、興南高校が前原に緒戦で敗退

 さて、山形地区は、明日から3回戦、8強をかけた戦いが始まる
シード校がいくつか緒戦敗退しているが、本命の日大山形は
しっかり残っている。台風の目は、第二シード山本学園を倒した鶴岡南か
ノーシードながら実力のある山形中央か。

 三連休のうち、一日くらい球場に足を運んでみるか~。

 早朝6時15分 起床
早速、テレビをつける

W杯決勝は、後半に入っており
0-0 そのまま観戦と相成った

延長も見続けて、延長後半7分過ぎ
アルゼンチンが絶好のチャンスを逃した直後
左サイドを駆け上がったドイツの選手のセンタリングを
ゲッツェが胸トラップからボレーシュート

こんなところでゴールが決まるかというように
ボールはゴールに吸い込まれ決勝点となった

ドイツ優勝、統一ドイツとして初、西ドイツ時代を
含めれば4回目の優勝を飾った
南米開催5回目にして、初の欧州勢の優勝だった

圧倒的攻撃力に加え、守備も堅かった
とにかく、ドイツは強かった

今回のサッカーW杯は、その一言に尽きるな

ブラジルに7-1で快勝したドイツと
オランダにPKで勝ったアルゼンチンとの決勝は
明日、午前4時から

一か月に渡った大会もフィナーレを迎える

優勝はドイツと予想する。

 思えば63試合、前回ほど熱心に見なかった大会であった

 今に至ってまで印象に残る試合も、前回に比してまた少ない。

 さて、明日は早起きできるだろうか?

 そんな気合も残っていないような気もするな。


 

6月23日は日本軍の組織的抵抗が終わったとされる
沖縄戦終結の日

1914年6月28日は、100年前、サラエボ事件の起きた日であった
オーストリア帝国の皇太子が暗殺され
その一か月後の7月28日にセルビアにオーストリアが宣戦布告
ドイツやロシア、フランス、イギリス、トルコ等の国々が
各々の立場で一方に味方するため参戦し、第一次世界大戦が始まった
日本も、日英同盟の関係からドイツに宣戦、結果として戦勝国の一つとなった

NHKの番組で3回シリーズで第一次世界大戦が放送されており
第二次世界大戦は、この戦争から既に始まっていたというような内容が

 後に第二次世界大戦の戦闘の中心人物となる
各国の指導者たちは青年から壮年の年齢で
フランスのドゴールはドイツの捕虜となり、
ドイツのヒトラーは敗戦の中、武装解除され、
ドイツの復活と復讐を誓っていた

イギリスのモントゴメリーは、塹壕戦
後に大戦車部隊を率いることとなるアメリカのパットンは、
戦争後半に参戦した自国の戦車戦の反省の中にあった

来年は第二次世界大戦終結70年である。

今年も、1944年にあった出来事の70周年行事が
次々と行われている。

 飛行機や飛行船の戦闘利用と都市に対する無差別爆撃、
毒ガス攻撃、砲撃と塹壕戦によるPTSD、戦車の登場
潜水艦による軍艦攻撃や商船・輸送船を攻撃する通商破壊、
国家総動員体制、女性の工場勤労動員などなど
ありとあらゆる手段を用いて戦争を継続する国家総力戦

 これ以前の戦争とはまるで別の側面を持った戦争の始まりだった

 戦後処理の一端を業務とする日々に、ふと思うことがある

 70年経っても終わりの見えない仕事があることを・・・

明日早朝から行われる
 アルゼンチンVSスイス
 ベルギーVSアメリカ
 
 この2試合を残して
6チームが8強入り
全てGLの一位チームが
勝ち残っている

 さて、明日はどうなるか?
GL一位チームが負けるとしたら
ベルギーかな?
アルゼンチンも楽な相手ではない

準々決勝は Aの山が
ブラジルVSコロンビア
フランスVSドイツ
Bの山が
オランダVSコスタリカ
そして明日の勝者同士の対戦となる

優勝するために、残り13日で3試合を
勝ち抜く必要がある
一か月で7試合、タフな大会である

 今日のドイツVSアルジェリアは
見ごたえ満点の試合だった



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2014 MITSUの山・競 時々戯言, All rights reserved.