FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2019/02/15 (Fri) 還暦
2018/08/19 (Sun) 熱闘甲子園
2018/08/06 (Mon) 豪雨被害
2017/06/04 (Sun) 安田記念の2
2017/06/03 (Sat) 安田記念

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 二年間お世話になった職場も今日が最終日

 金庫とハンコを預かる身として、マスターキーを
後任に引き継いで業務終了となる。

 約束の時間は18時
前回の引き継ぎ時点で説明出来なかった
あれやこれやを、一緒に構内を巡回しながら説明し
最後にカギをかけ、警報をセットしてもらって、
セットアップを確認して、ホントに引き継ぎが終わった。

 今日で退職のNO1は、執務室で最後の業務を行っており
最後の挨拶。管理・運営をうまく行えたことに
感謝の言葉を頂き、握手して執務室を後にした。

 5月に予定されている歓送迎会で
またお話出来る機会もあるのだろうが
最後に交わした短い会話には、
万感、胸に迫るものがあった。

 午後3時から、休憩時間を利用しての退任セレモニーも
この職場ならではの趣があり、感激が増すばかりであった。

 さあ、明日からは、新設の課での業務が始まる。
資料の読み込みを始めたが、頭にスッと入ってこない。

 レクチャー受けたら、次の日にはレクチャーする側になる。

 続きは、この後に、さあ、もう一頑張りだ。
 
スポンサーサイト

 どんな旅であっても、終着点は我が家

 我が家に無事、帰還して初めて旅が終わる

 二泊三日とはいえ、久々の家族旅行
専用運転手状態を覚悟していたとはいえきつかった。

 添乗員さんの苦労がしのばれる。

 精神的にも、肉体的にもタフでなければ務まらないと思う。

 このブログを書いている今でさへ、ドライバーズハイ状態

 神経が昂ぶって、眠いのに眠れない。
それも当然で、土砂降りの雨の中
眠気と戦いながら、東京山形間
400キロを無事運転してきたばかり

 新浦安駅前から隅田川傍のスカイツリーまで
約一時間で到着。なんとか、地下駐車場に車を駐車

 雨雲でテッペンが見えないスカイツリー
強風のため、展望台に上るエレベーターは運転中止

 4人で隅田水族館を見学してから集合時間と
場所を決めて各自自由行動に

 ソラマチの中を歩き回って
疲労困憊、喫煙箇所のチェックをしただけともいえる今日一日。

 金曜日には、午後1時出発、夕方の渋滞の中、
浦安駅前のホテルに着いたのが夜8時

 土曜日は、朝から晩までシー見物に付き合った

 そして今日である。 つかの間の休息が
休息ではない三日間はこうして無事終了した。


 あっという間に二年が過ぎて
去る人であった自分が、来る人になる。
4月からの新しい職場は、
二年前と同じ階、ほぼ同じ場所になる模様。

 25日の火曜日は、送別会

 60人余りの職場で、異動は4人
セレモニーが終わって、乾杯すれば
退職するNO1の前には、行列が出来て
引きも切らさず、酒を注がれて思いで話に花が咲く

 その隣にいる自分にも、次々誰かしら来てくれて
この2年の思い出に話の花が咲く。

 有志の二次会にも誘われて、少しだけ付き合って
11時前には退散。翌日が引き継ぎでなかったら
もっと腰を落ち着けていたかもしれない。

 26日(水)午後から新任地に出向いての引き継ぎ
14時からの予定なので、早めに行って
自分の用務を終わらせてから、
定年退職で去る方への挨拶をと思ったが
これまた引き継ぎをされていたようで時間切れ

 引き継ぎが終わったのが5時近く。
再び自分の職場にとって返す。

 27日(木)終業間際を狙って再訪
なんとか、A次長にご挨拶、10分ほどお話が出来て
OB会の次期体制や次期職場について確認出来たのは良かった。

 O部長にもご挨拶できた。引き継ぎのため
前日にも同じ階にいたのであるが
レクチャーが入っており、行きそびれてしまっていた。

 2年前に、自分の担当分野をご指導いただいた
父の逝去の際には香典もいただいている。
御餞別を渡そうとしたら、気持ちだけということで
断られてしまった。
  
 次の職場も決まっておられるようで
何かと、また、お世話になるようである。

 送別会でお会い出来た方の所には
なんとなく足が向かなかった。

 去る方もおれば、来る人もいる。

 思えば、55歳になる自分も
定年という絶対退職期限まで、
片手で済むようになってしまった。
 

 日本国総理大臣になれなかった政治家は山ほどいる

 しかし、なってくれと言われて、ならなかった男がいる。

 福島県、会津出身の伊東正義さんである。
金を配らない、子分を作らない

 そんな政治スタンスが時代の要請で
是非にと言われたのだが、ならなかった方である。

 時は、リクルート事件や、未公開株の譲渡などで
政治と金の問題が今以上に問題になっていた時代

 属していたのは、自民党宏池会
まだ若かった加藤紘一が、自分が議員辞職して
首相秘書官になるからと説得しても
首を縦に振らなかったという
 今年の五月で没後20年となる

 彼の人の政治信条は

 「世界から孤立せず、世界の平和と繁栄に寄与し
世界の国々から尊敬を得られる国を創る。」


だったという。

 日本国憲法の精神そのものではないか。

 かつては、こんな人もいたのだなと、改めて思う。



 大会二日目、天気は回復傾向で春らしい陽気の中

 第一試合 駒大苫小牧(北海道)3-0創生館(長崎)
田中将大以来、9年ぶりの春勝利を完封で飾った。
連続出場の創成館は、又しても緒戦突破ならなかった。

 第二試合 池田(徳島) 4×-3 海南(和歌山)
8回まで劣勢の池田、8回・9回に2点づつ入れてサヨナラ勝ち
 帰ってきた名門・古豪同士の対決は池田に凱歌があがり
何度も聞きなれた校歌が久々に甲子園に流れた。

 第三試合 豊川(愛知) 4×-3 日本文理(新潟)
ゲームセット寸前に追いついた豊川、延長10回にも2点リード
されるが追いついて、延長13回サヨナラ勝ち
 試合を有利に進めていた日本文理には惜しい敗戦
昨夏につづき勝利が遠かった。守りを鍛えてまた夏に期待したい。

 連休最終日、7時に目が覚めて、職場へ
来週は二泊三日の家族旅行で山形を不在にする。

 異動の決まった身としては、徐々に自分の荷物を
職場から運び出しておくこととする。
 ついでに、次に向けた準備などもしようかなと思い
3時間ほど執務室で過ごす。

 わずか二年といいながら、ゴミ・芥・不要な書類などが
堆積しており、片手間では片付かないことを悟って
早々に撤収。

 あすは、離任のあいさつをしなければならぬ。
何をどの様に話そうか、思案投げ首状態である。

 
 
 
 

 異動内示の20日、予め約束した場所で
T氏と飲み会。
 内示の日に飲むのは、二人の慣例のようになって
3年くらい続いているだろうか。

 11時前には切り上げて、代行車で帰宅
 翌朝は、喉の渇きで何度も目が覚める。

 水分補給をしては、床に就くが
6時過ぎには布団から抜け出して新聞を読み始める。

 外は雨が降っており、8時過ぎ、部活に行く息子を
県庁近くのグランドまで送って、戻ってくれば9時。

 選抜高校野球の開会式が丁度始まるところだった。

 夏の選手権大会と違って各地区大会上位高の選抜
故郷チームが出ないことも多い春の大会では
応援先をちょっと拡大

 自分にとって何かしら縁のある県の代表を
応援することにしている。

 開幕戦は、神村学園VS岩国
 祖母の生まれ故郷、鹿児島県の神村学園を応援する。
 6-1で、見事勝利、
2回戦で福知山成美と対戦することとなった。

 第三試合は東京の公立小山台と大阪履正社の対戦
0-11で敗れたが、随所に素晴らしいプレーが見られた。
 大学時代、夏の大会では西東京代表の属する調布市
京王閣競輪場にほど近いアパートに4年間住んでいた。

 さあ、今日も3試合
北海道代表と新潟代表を応援しよう。

 球春到来である。


 

 

 昨日異動の内示があった。

 ほんまかいな 

 それはないだろう、ありえんやろ~

 と一日経っても思うのであるが、
それでも、一覧表には、実際に名前が載っている

 思いもよらない場所への異動内示である

 どこをどうやったらこうなるんだ?

 お手伝いをしたことはあっても、
直接担当としてやったことのある仕事ではなく
 キチンと出来るんかいな????

 ジワジワと心配事が湧き出てくる

 業務自体は、既存の事業の集合体なのではあるが
強化部門として解説までついた
新設の部署に行くことになった。

 夫の心配をよそに、ノ~天気な細君は、
遠くの職場に行かなくて良かった~と
そのことばかりで喜んでいる。

 驚きはもう一つあって、
なんと、春から再び専業主婦になる
ものとばかり思っていた細君が
欠員補充で別の場所で勤めることになったんだと。

 資格持ってるオバサンは強いね。

 これも、遠距離通勤をものともせずに
あっちでも、こっちでも
産代などで勤め続けた効果かもな。
でなけりゃ、話も来ないだろう。

 ま、細君の言う通り、
「遠距離通勤でないだけ、ありがたい。」

 まったくそうなんだけどさ。

 去年は人事(ひとごと)は他人事だったが
今年は、しっかり、わが身に降りかかった。

 ここで気持ちを切り替えてですね

 ま、なんとかなるべさ~。

 うん、それでいこ。 
 
  

 甘利大臣の恫喝が利いたのか
大手の賃金交渉は、満額回答や
ベースアップに踏み込む所が続出

 でも、なんか変な感じが抜けない。

 官制春闘とか言われているが
 言ってみれば、強権発動春闘で
政府の脅しに、財界前面屈服の春闘ではないか。

 アベノミクスの息切れと
消費税増税に伴う景気上昇
購買意欲の腰折れを懸念してのことで
 株式配当が、8兆円なんていわれても
持てるものが、更に持てるようになっただけなんだろう

 庶民の生活なんていう視点は欠落し
 圧倒的多数の中小企業や
ワーキングプアに、おこぼれが回ってくる保証はない

 


 相手は、開幕連勝で首位の岐阜
ラモス瑠偉監督、GKに川口、
三都主アレサンドロも加入した
強敵を迎えたホーム開幕戦は、
 小雨の降り続く中、
午後1時にキックオフ

 サポーターがピッチの雪かきで
迎えたこの日、3-1で勝利

 キッチリ結果を出して
声援に応えてくれた選手たちに
拍手、拍手である。

 伊東、万代、ディエゴで3点
セカンドボールへの執念とか
ゴールに迫る気迫が前面に出ていた。

 こんな試合を、毎試合続けてくれたら
優勝してのJ2卒業も視野に入ってくるぞ!

 ま、シーズンは始まったばかりだけど
今後に期待の持てるホーム開幕戦になったと思う。


 寒さが続くが、雪が解け始めた庭には、
クロッカスやチューリップの芽が
少しばかり控えめに顔をのぞかせていた。

 三月も中旬になり
選抜の組み合わせ抽選も発表された。

 21日の春分の日から
熱戦が開始される。
 東北・北海道地区からの選抜チームは、
最初の土・日に3試合が集まった。

 寒さの残る外を眺めながら
球音に一喜一憂していよう。

 今日は、NHK杯将棋の決勝
丸山VS郷田の九段対決
 郷田が勝てば初優勝
 丸山が勝てば、久々二回目の優勝となる。

 NHK杯囲碁は、準決勝だ。

 そういえば、真剣勝負が終わってから
もう、一週間が経とうとしている。

 明日の月曜日、三時過ぎには結果発表
今年も悲喜交々の表情が、
執務室の窓を通して見えることだろう。

 ただ、去年との大きな違いは、
悲嘆にくれた様子が
多くなるだろうということだ。
 去年の同じ頃、自分は憮然としていたが・・・。

 20日木曜日には異動の内示か?

残るのもよし、異動もまたよし。

 行った場所で、置かれた場所で
精一杯、咲こうじゃないか。

 三年経っても、故郷に、自分の家に、戻れない人がいる

 三年経っても、仮設住宅に住み続けなければいけない人がいる

 その数、30万人以上
 
 大震災の関連死が、直接の原因の死者を上回った県がある

 阪神淡路大震災と比べても、復興への歩みは遅いと感じる

 被災の範囲があまりにも広い、
 千年に一度の未曽有の大震災、
 原発事故による放射能汚染も起こった

 そうであったにしても、これが
「国難」でなくてなんなのだろう?

 当時から、挙国一致内閣をつくる話すらなく、
つまらない政争に明け暮れ
いまや、原発事故ナッシング、
みちのくパッシングの様相を呈している
とは、アッシの思い過ぎか?

 国民の艱難に無関心な国が美しい国か?

 資産の形成に国費は使わぬという常識で
計れる今の状態ではないのではないか?

 消費税導入以降、どんなに窮乏している人であっても
消費の都度、少額であっても納税しているのだ

 義務を果たしている人々に、
国はもっと暖かい手を差し伸べて欲しいと思う。

 今日、午後2時40分過ぎ
NO1の執務室に声をかけ
我が執務室に移動していただき

 テレビに映されている東日本大震災の
政府主催の追悼式典の進行に合わせて
その場にいた全員で一分間の黙祷

 一瞬の静寂ののち、また新年度に向けた
仕事が再開された

 夕方、NHKのニュースは、震災一色
といっていいくらいであるが

三年もたつのに・・・・・
という思いは今も消えない

 その日に失われた多くの命に比して
その日に生を受けた命の数の少なさよ

 それでも、大震災の中、
無事生まれてきてくれた
いろんなものが欠乏していた
あの被災の日々の中
多くの人に支えられて、
今日まで生き続けてくれた命

 小さな奇跡の数々を今日だけは映している
  

 三年前、娘は、大学受験だった

 国立大の前期試験も私学の試験もダメで
後期試験にかけるしかない

 前泊の予定を変更し
早朝から試験会場に送ることにした後期試験

 明日は、早朝から福島へという金曜日の
午後2時46分、たて続けの大きな揺れが襲った
そこからの日々は、かつて、このブログに
連日の記載をしたわけだが

 もう三年も経つ

 避難所になった大学の生協での
新生活に向けたあわただしい手続き

一か月も繰り延べられた入学式

 山形の高校三年生は
福島の大学四年生になろうとしており

 就活の季節に移り変わっている

 明日、三年目の明日の
 その時刻に 黙祷を行う

 新年度に向けた作業
その作業を進めるその手を

一瞬だけ止めて黙祷を行う

 

 日記代わりとしてのブログを
友人のTOBI氏に勧められて
始めてからもう9年目、
 パソコンも二代目になり
記事の数も600を超えた

 日記代わりといいながら
世間に公開しているわけで
いかに訪問者の少ない我がブログとはいえ
自分の職場の状況もあって
書けることと書けない事が
必然的に出てきてしまう。

 現在の職場も、ある意味
非常に気を遣う場所なわけで
やはり、書く内容に困ってしまうこともある

 明日の本番に向け日曜日の今日は
朝早くから、終日、準備・準備に追われる

 町内会の隣組の年一回の酒飲みも断って
明日に備えているのだ

 何もなくて当たり前、何かあったら一大事
夕方の地元テレビのニュースになってしまう
下手すると全国ニュースなんかにもなりかねぬ

 などと、臆病者は心配しながら今日も
7時20分には職場到着

 さっそく構内を巡回しながら、
直すべき場所の有無をチェック

 明日、やってくる真剣勝負の諸君の実力を
遺憾なく発揮してもらえるよう

我らが最高のホスピタリティの
実践的具体化に励むわけだが

 リハーサルから問題続出

 もっとも、今日気づいたからOKなのであって
明日、気づいたら大事なのだった。

 館内放送の電源が、館外放送までオンになっており
大音響が響いていたのにはビックリ
さっそく、館外放送分をオフにしてもらった

 廊下には、配送された書類が山積みの場所が残っていたり
最終点検で、マニュアルの変更点が何点も出てきた。

 なんやかんやで、最終確認が終わったのは
18時近く、一時間以上かかってしまった

 金庫とハンコを預かっている身としては
金庫に納めた本番に使用する書類を
NO1から封緘していただいて無事完了

 明日は、7時には職場到着、
臨戦態勢・準備万端状態に

 風呂に早めに入って、さあ、眠ろう。

  

 3月6日 15年前に在籍していた職場の
当時の上司の定年退職送別会
 代休だったその日、会場まで娘に送って貰った。

 同じ職場に3年在籍、前の週も、別の上司の送別会だった
顔ぶれは若干違ったものの、二週連続で出席となった。

 食べるものも少なく、
早めに日本酒に切り替わったのが失敗のもと

 帰宅時には千鳥足、タクシーに乗ろうとして
会場から移動中に転倒、しっかり手をついてしまい打撲

 妻はその夕方から発熱したとかで、
今日まで三日間寝込んだまま

 春休みで帰省中の娘のお蔭で
なんとか日常は持っているのだが

自分の右手が利かない不自由さはこの上なく
もう15年もその状態で生活している母の大変さを思う

 病気らしい病気をしたことのない人が
寝込んだりすると、生活が回らなくなるんだな。

 自分も右手が、まだ痛く、おさんどんも上手くいかない。

 このブログも、爪先でキーを叩いている

 明日は、出勤。明後日の準備に一日をかける。

 地雷を踏んでしまって
パソコンがウイルスに感染

 使用不能に陥って一週間
やっと初期化されて今日、
修理が終わって戻ってきた

 今日は、日曜日出勤の代休
シメて9000円也

 い、痛い出費だったが
どこかで地雷を踏んだらしい

 去年の10月あたりから
へんなクリーンレジストリが
表示されるようになって
パソコンの動きものろくなっていた

 その時点でウイルス感染を
疑うべきだったと悔やんでも
あとの祭り

 家族写真なんかが全てパーである

 それでもブログは生きている。

 あ~あ、やんなっちゃうなあ

 やっと再開しました

 お気に入りも再収集していくしかない

 


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2014 MITSUの山・競 時々戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。