FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2019/02/15 (Fri) 還暦
2018/08/19 (Sun) 熱闘甲子園
2018/08/06 (Mon) 豪雨被害
2017/06/04 (Sun) 安田記念の2
2017/06/03 (Sat) 安田記念

 午後零時、いよいよ、決勝戦が始まった。

 前橋育英の応援スタンド
P8220097.jpg

 延岡学園の応援スタンド
P8220098.jpg

.... 続きを読む
スポンサーサイト




 準決勝の観戦を終えて、甲子園駅から西宮方面へ

 父の卒業した小学校や
旧制中学の後身の工業高校を訪ねる。

 別に当時の面影があるわけではないのだろうが
ただただ、小さな地図を頼りに
自分の脚で歩いてみた。


.... 続きを読む

 初めてやってきた阪神甲子園球場

P8210046.jpg
 歴代優勝校の校旗

 準決勝に山形代表の日大山形が進出した
岩手代表の花巻東も第二試合に登場する。

P8210043.jpg

.... 続きを読む

 地区ごとの勝敗
北海道・東北 10勝8敗 4強 2校
関東・東京  16勝8敗 優勝校・8強1校
東海・北陸   5勝9敗 8強 1校
近畿      3勝6敗
中国・四国   6勝9敗 8強 2校
        中国0勝5敗 四国6勝4敗
九州      8勝8敗 準優勝校

.... 続きを読む


 大阪桐蔭の連覇か、それとも
浦和学院の春夏連覇か が
開催前の注目だった大会は、
前橋育英高校の初出場初優勝で幕を閉じた。

 あらためて、大会を振り返ってみたい。

.... 続きを読む

 準決勝で、日大山形に
4-1で勝った前橋育英が
初出場初優勝を飾った。

 宮崎県勢初の決勝進出を果たした
延岡学園は、自由ヶ丘、弘前聖愛、富山第一と
初出場チームを次々と撃破してきたが
4チーム目にして敗戦となった。

.... 続きを読む

 
 これまで想いながら実現しなかった
巡礼の旅に出ることとした。


.... 続きを読む

 大会十二日目 準々決勝4試合が
久々に、一日で行われた今日、
どの試合も、1点差の凄いとしか言いようのない内容になった。

 第一試合 花巻東  5-4 鳴  門
  二転三転の試合を逃げ切る

 第二試合 日大山形 4-3 明徳義塾
  常に先行された試合を8回に逆転

 第三試合 前橋育英 3-2 常総学院 延長10回
  9回に2点差を追いつき10回にサヨナラ勝ち

 第四試合 延岡学園 5-4 富山第一 延長11回
  これまた二転三転の試合を追いつきサヨナラ勝ち


 「大会で一番面白いのが準々決勝」
とはよく言われたものだが
言葉に違わぬ素晴らしい試合ばかりだった。

 今日登場した8チームの全てが、
それぞれの学校の、代表する県の
新たな歴史を作った と言える。

 まずは、本県代表の日大山形
山形県勢として記録ずくめの勝利を4-3で飾った。

.... 続きを読む

 大会十一日目
 今日の4試合でベスト8が出揃った。

 今日の試合は、どの試合も戦前の予想にない
大差の試合になった。

 第一試合 常総学院 9-1 福井商
  飯田投手、1失点完投
 第二試合 延岡学園 10-0 弘前聖愛
  二投手で完封リレー
 第三試合 前橋育英 7-1 横  浜
  高橋投手が、1失点完投
 第四試合 富山第一 8-0 木更津総合
  宮本投手が二試合連続の完封勝利

.... 続きを読む

 2年生が大活躍の夏の高校野球

昨日、愛媛代表済美が3回戦で敗退

 エースの安楽君は2年生、
春の選抜で4勝し、準優勝
夏は1勝で2年の夏を終えた

 春夏連覇に挑んだ浦和学院は初戦敗退
エースの小島君は2年生
春は5勝して優勝に貢献し
夏は0勝で来季に向けたスタートを切る。


.... 続きを読む

 大会十日目 今日から三回戦
ベスト8をかけた戦いが始まった。

 第一試合は、花巻東が済美を
延長10回、7-6でふりきった。

 先制は花巻東、済美が追いつき延長へ
延長10回表、花巻東が4点を挙げ
裏の済美の反撃を3点に留めて激戦を制した。

 これで、東北地方は7勝目

 7勝のうち、優勝候補を、
浦和学院、愛工大名電、日大三、済美と
4高、倒したことになる。


 強いぞみちのくの球児達

 第四試合には、日大山形が登場、作新学院と対戦する。
花巻東の勢いをもらって、勝利して欲しい。

.... 続きを読む

 昨日16日は夏休みを取った。

 一昨日の飲み過ぎが尾を引いて兎に角眠い。

 うつらうつらしながらも、結局3試合を観戦。
試合結果は昨日記載のとおり。

 毎年、週刊朝日の甲子園特集号を購入し
観戦に役立てている。

 1999年以降の青森県勢の成績が凄い。
 

.... 続きを読む


 大会七日目と八日目はほとんど見ていない。

 秋田商が富山第一に完封負けして東北6連勝はならなかった。

 七日目は、早朝の墓参りに始まり、
その足で毎年恒例となったゴルフコンペの後
中学の同窓会へ
 
.... 続きを読む

 東北各県の代表が強い

 連日、溌剌と甲子園でプレーしている。

001s[1]
日大山形奥村主将、初回に
先制ツーランを右中間スタンドに運ぶ


001s[2]
先発の庄司投手の力投
.... 続きを読む

 大会五日目の結果
 第一試合 前橋育英 1-0 岩国商
 第二試合 樟  南 1-0 佐世保実
 
 ここからは二回戦
 第三試合 延岡学園 4-2 自由が丘
 

.... 続きを読む

 大会四日目 春夏通じて甲子園初登場の
弘前学院聖愛と西脇工業が初出場初勝利を飾った

 第三試合の聖愛高校は、
緒戦敗退のなかった岡山代表の玉野光南を
 先制、中押し、ダメ押しと効果的な得点を重ね
6-0で完封、ほぼ完勝と言ってもよい勝利だった。
二塁に進んだランナーがほとんどホームに帰ってくる
効率の良い攻撃
 投げては、主戦小野投手が右横手から
キレのいい速球とスライダーを
コーナーに、高低にと投げ分け
三塁を踏ませたのは
たった一回だけという快投だった。

 21世紀の青森の二強(青森山田と光星学院)を
一大会予選で二つとも破った初めての学校としての
自信が感じられた試合ぶりだった。

 弘前市周辺の中学出身者だけで
チームを編成している聖愛
ベンチ入りメンバーには
一年生、二年生も多い
そんな「リンゴっ子」達の快進撃に期待したい。

.... 続きを読む

 大会三日目

 たった今、第四試合が終わった。

 当に死闘だった。

 一回戦最大注目の一戦。

 仙台育英VS浦和学院

 昨年秋の日本一 仙台育英と
 今春選抜の覇者 浦和学院との対決は

 戦前の予想以上の激戦・死闘になった。

.... 続きを読む

 
 今日、広島に続き長崎でも平和式典が行われた

広島、長崎、そして福島第一原発

 広島と長崎は、戦争の攻撃目標として
原子爆弾を投下された。

 福島第一原発は電源喪失による冷却不能により
(本当かどうかは検証すらされていないが)
爆発を起こし、建屋が吹っ飛んで放射能を撒き散らした。

.... 続きを読む

 毎年、開会式を見るのが楽しみである。

 休みの日なら生で、
仕事の日でも録画で見るようにしている。

 今年の入場行進は格別の思いで見ていた。
山形代表は、愚息の母校になったからだ。

.... 続きを読む

 
 また、8月6日がやってきた。
被爆した方々はドンドン高齢化していく。
語り手は減る一方だ。

 さて、かつて近所付き合いの
双方にとって不幸な時期があった。

 一方が悪いということで一応の決着をみて
また近所付き合いを初めてみたものの
会う度に、かつての悪かったことを
何年経っても蒸し返されるとしたら
その隣人は、その地にいられなくなるだろう。

.... 続きを読む

 さあ、対戦相手は決まった。
緒戦抽選が今日、夕方行われた。

 注目の春夏連覇を目指す浦和学院は、第三日の第四試合で
仙台育英と対戦。春の東北最強チームと激突する。
 
.... 続きを読む

 第95回選手権大会が八日から開幕する。

 注目の組合せ抽選は、明日午後4時から行われる。

.... 続きを読む


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2013 MITSUの山・競 時々戯言, All rights reserved.