FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2019/02/15 (Fri) 還暦
2018/08/19 (Sun) 熱闘甲子園
2018/08/06 (Mon) 豪雨被害
2017/06/04 (Sun) 安田記念の2
2017/06/03 (Sat) 安田記念

 今年の選抜高校野球に異変が起きている。

 近畿地区から選抜された高校が一つも勝てないのだ。

 履正社は、岩国商業に、大和広陵が尚志館に、
平安が早実に、報徳学園は常葉菊川に、
地区優勝の京都翔英は敦賀気比に負け、
なんと、残すは大阪桐蔭ただ1高になってしまった。

緒戦で全滅すれば、史上初ではないか?

 一方、好調なのは東北・北海道の北国勢。

 北国同士の対決以外全勝で7高で6勝した。

 特に今日は山形中央が、嬉しい甲子園初勝利を
6-2の逆転で飾った。

 山形の公立高校としても、春の初勝利であり
夏を含めても2勝目である。

 山形中央の次の対戦は二日後、相手は、優勝候補の浦和学院。
緒戦逆転勝ちの勢いで次も勝利を期待したい。
打撃戦に活路を見出したいね。

 頑張ってくれ、山形中央球児達。

スポンサーサイト




 史上最多の5高が出場した東北地方から
3高が出場した。

 第一試合は、いわき海星が初出場の北海道遠軽と対戦。
0-3で完封負け。

 第三試合に、聖光学院が、島根県の益田翔陽を8-0で完勝。

第四試合に、盛岡大付属が東京代表安田学園と接戦を繰り広げ
4×-3で9回にサヨナラ勝ち。
春夏通算10戦目で嬉しい嬉しい初勝利を挙げた。おめでとう。

この両校は、3回戦を勝てば、4強をかけて対戦することとなる。

聖光学院は強いなと思った。十分上を狙える戦力と見た。

盛岡大付属も、緒戦勝てないジンクスを破って勢いに乗るかもな~。

今後も楽しみである。


 22日から選抜高校野球大会が始まる。

 東北からは、明治神宮大会を優勝した
優勝候補の仙台育英、聖光学院、盛岡大付属、
21世枠でいわき海星、東北絆枠で山形中央と
史上最多の5高が出場する。

 地元、山形中央に期待している。
3年前は、21世紀枠で初出場。
日大三高に先制するも、逆転の大敗だった。

 アッシの勤務する付近のゴミ拾いを定期的に行っている。
収集範囲はかなり広い。

 挨拶も、しっかりしており、こちらが
襟を正さなければいけない気分になるくらい
きちんとしている。

 心を鍛え、技を鍛えてきた彼らの健闘を祈る。
夏の初出場は、春夏連続出場だった。

 そのときは、2回戦で初戦勝ちのチームとだった。
この春も同じ状況で、いかに早く雰囲気に
なれるかが勝負の最初のポイントになるだろう。

 ガンバレ、山中央球児達。

 何日もブログを更新しなかった。

書く気にもなれなかった
というのが正直なところ。

 ボロボロである。
予想はしていたものの
大惨敗である。

 この15ケ月の努力は一体何だったのか?

 やっているフリ、時間だけ過ごして実に成らない
身に付かない徒労の数々を

何の為に、誰のために行って来たのか?

 知ってはいたし、注意も喚起した

 自分の事なのに、何処か他人事だったんだろうな。

 何処に行っても、そこで何をするのかが問題ではあるが。

 君の心の持ちようが情けないのだ。

 誰のことだって?

 自分の息子のことである。

 自分の人生だ、勝手に生きろ。

 俺達も勝手に生活することにする。

 

 

壬申の乱で敗れたのは大友皇子。
この方は、1200年もの間
即位していなかったとされていたが、
何故かは知らぬが、明治政府から
諡号を追贈されて、弘文天皇とされた。

150年ほど前とはいえ、
長い長い皇室の歴史からすれば、ほんの
ついこの間の出来事である。

この弘文天皇のように即位の事実を抹殺された方も相当多い。

抹殺の理由は、時の大陸の政権から王として認められなかったというのが
一つの理由として挙げられよう。
.... 続きを読む

 今日は、代休である。
週の中日、水曜日が休みというのは
一週間が短く感じる。

 為すべきことは山のようにあるような気がするのだが
無為に過ごすことも多いこの頃である。

 今度の日曜日に仕事があって、その代休である。

 先日、1日に233名を送り出した。

 送り出したとは言っても、
次への進路が決まっていない者も多いわけで
卒業したといって浮かれてはいられない
という人も多かったのではないか?

 準備に3か月も前から取り掛かり
万全を期したはずが、反省することも多い。

 思いの行き違いで、妙な感情のしこりが残ったり。

 一つだけ言えるのは、毎年、同じ時期に同じ様な行事を行っていても
全く同じということではないということだ。

 生物なのである。送り出される方にとっては、
一生に一度のことなのだ。
 仕事の判断基準を、「去年はこうだった」
だけの一言で片づけて欲しくはないのだ。

 そこには、改善や工夫に向けた思いや
思考のかけらもないではないか?

 少しでも良くしよう、手際よくしようという視点で
自分の仕事を捉えてもらいたい。

 組織のトップが、「創意と工夫」を今年度の目標に掲げたのだ。
言葉を言葉通りに、実の伴った内容で実現するためにも
各自の小さな実践の積み重ねが必要なのだ。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2013 MITSUの山・競 時々戯言, All rights reserved.