FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2019/02/15 (Fri) 還暦
2018/08/19 (Sun) 熱闘甲子園
2018/08/06 (Mon) 豪雨被害
2017/06/04 (Sun) 安田記念の2
2017/06/03 (Sat) 安田記念

 いよいよ、明日だ。

 今日の東京競馬場は、芝、不良。

 1800mが、1分50秒台。

 不良の割には、時計はままかなぁ。

 明日は、天気は回復。

 発走時間には、「やや重」位までには回復するだろう。

 さて、昨日の予想が「そのまま」、になるかは、
明日になってみないとわからない。

 ナマモノ、生き物相手の予想である。

 前売り買ってた時も、現場で買う時も、いつも、迷う。
 迷わずに、買える時の方が少ないといえる。

 それでも、的中の感動を求めて、年にたった2回と決めている
 今年も、現場に足を運ぶのだ。

 

 


スポンサーサイト




 さて、予想である。

 東京は、土曜日が雨。

 馬場状態がどの程度まで回復するかわからないが、
風がでれば、良に近い梢重まで回復するだろう。

 今回は、馬場状態(梢重レース実績)と血統を第一要素に

 本命 ◎ ①ディープスカイ(四位)      タキオン
 対抗 ○ アドマイヤコマンド(川田)    タキオン
 穴1  × ブラックシェル(武ユタカ)    クロフネ
 穴2  × レインボーペガサス(安藤勝)  タキオン

 3着候補に、▲ベンチャーナイン(武士沢)、△クリスタルウイング(内田)

 単勝  

 枠連1点 なら 1━4

 馬単3点 なら 1からの流し

 3連複 も①軸の4頭へ流して12点くらいかな。

 皐月賞1番人気、松岡マイネルチャールズは、切ろうと思うが、
当日のパドックでの様子を見てからにしよう。

 いよいよ、明後日、15時40分出走である。

 予想、逆さに読めば、ウ・ソ・ヨ となる。
 昔の人は、上手いことを言ったもんだ。





 枠順が発表された。

1(1)ディープスカイ     57 四位
1(2)サクセスブロッケン  57 横山典
2(3)ブラックシェル     57 武 豊
2(4)タケミカヅチ      57 柴田善
3(5)アグネススターチ   57 赤木
3(6)モンテクリスエス    57 福永
4(7)スマイルジャック   57 小牧太
4(8)アドマイヤコマンド  57 川田
5(9)マイネルチャールズ 57 松岡
5(10)レインボーペガサス 57 安藤勝
6(11)レッツゴーキリシマ  57  幸 
6(12)サブジェクト     57 吉田豊
7(13)ベンチャーナイン   57 武士沢
7(14)エーシンフォワード  57 和田
7(15)フローテーション    57 藤岡佑
8(16)メイショウクオリア  57 岩田
8(17)ショウナンアルバ   57 蛯名
8(18)クリスタルウイング  57 内田博

 松岡騎乗のマイネルチャールズは、5枠9番。
 川田騎乗のアドマイヤコマンドは、4枠8番
 ユタカが乗るブラックシェルは2枠3番
 去年の勝利ジョッキー四位騎乗のディープスカイは、1枠1番

 有力馬は、内側に集まった感じ。

 ここ10年は、二桁馬番が1頭か2頭、3着まで来ている。

 穴っぽい馬が、外枠に集まった。7枠に13番ベンチャーナイン、14番エーシンフォワード
8枠は、いずれも一発を狙っている馬が揃った。

 明日の夕方には、前売りも開始される。

 金曜日、土曜日は東京は雨予報。
 日曜日が曇りになっても、馬場は渋いだろうな。
梢重くらいになればいい方か?

 サムソンが勝った一昨年は、梢重。
 2分27秒9、上がりが3F(600m)35秒3だった。

 東京・青葉賞、ダービーと同じコース、同じ距離を
 先行抜け出しで、2分26秒9、上がりが3F(600m)34秒4で走った
アドマイヤコマンドのタイムが一つの目安になるか。

 有力な1頭で1番人気もあるかもしれないな。

 同じ梢重の東京・NHKマイルカップを勝ったディープスカイも、
1600mとはいえ、3F33秒9の鬼脚を使っている。

 最後の直線は、この2頭のマッチレースかもな。

 雨で気になるのが、皐月賞を13着大敗したベンチャーナイン。
 梢重の東京・プリンシパルSを、良馬場の皐月賞より1秒4早い2分1秒5で走っている
 3Fは35秒0で4角13番手から差しきり勝ち。3着候補にはなるかもね。

 今年のダービーは、馬場適性が決め手のレースになる予感がする。

 

 今日は、水曜日だ。

 追い切りが行われ、明日のスポーツ新聞の紙面を賑わすのだろう。

 各有力馬の追い切りが気になるところだ。

 アッシのにらんでいる馬達は、順調にきているのだろうか?

 レースは、出走し、無事完走してこそ のもの。

 忘れられないのは、サニーブライアンが勝ったレース。
 発走直前、アッシの軸馬シルクライトニングが馬体に故障発生、
発走除外となって、買っていた本線の馬券は払い戻し。
なんとも後味の悪い思いを残した。

 勝ったサニブーの二着には、同じシルクでも、京都新聞杯を快勝した
藤田伸二騎乗のジャスティスだった。

 ライトニングとサニー、ライトニングとジャスティスの馬券は買っていたのに・・・・。

 メジロブライトが人気していて、
本線はライトニングとブライト。

 ブライトとサニー、ブライトとジャスティスも、結構な額を買っていた。
 的中馬券だけ買っていないというお粗末さ。

 大枚はたいたほとんどが、ただの紙屑になった瞬間だった。


 ブライアンズタイム産駒のワンツーと読んでいたなら、裏も返しておくべきだった。

 馬券下手がモロニ出た平成9年のダービーだった。
あれから11年が経つ。

 競馬ブックの過去10年の成績から、ウイニングチケットも、ナリタブライアンも
サニーブライアンが勝ったレースも消えて、一番最初が、スペシャルウィークである。

 さて、今年の優勝馬は、何が来るんだろうか?
 3歳馬の最高の晴れ舞台である。

 出走18頭全頭が、無事に競走を終えて欲しい。


 日曜日から二泊三日の研修旅行に出かけていた娘が、
今日の夕方、無事帰ってきた。

 娘の通う高校(アッシの母校)には、修学旅行はない。
1年の研修旅行が、学校行事としての旅行の全てである。

 はるか昔の旧制中学時代、偉大なる先輩諸兄が、
北海道に行けば、北海中学 京都に行けば、平安中学と、
旅行先の各地でケンカをしては、

ケンカに勝てば連勝を、ケンカに負ければ雪辱を、後輩に託すという「伝統」を築いたために
ついに、修学旅行そのものの廃止に至ったというまことしやかな伝説もある。

 ま、アッシが通っていた時代から、行く先は同じ。
日程も、ほぼ同様とか。
 行き帰りのバスの中のアカペラ歌合戦が、懐かしいな。

 バスにカラオケセットなんてない時代である。

 娘のお土産は、チーズケーキ

 これがとてもおいしかったのはいいのだが、
腹にきた。もう一回、トイレ行ってきようっと。

 やれやれ。スッキリした。

 牛乳及び乳製品は大好きなのだが、
食べ過ぎると、即効で腹に来る。

 さて、第75回ダービー。

 娘が絡んだ思い出のダービーは、第62回。ナリタブライアンの優勝。
最後の直線、テレビの前で連呼したこの馬の名前を
幼稚園児だった娘が、しっかり、覚えてしまった。

 幼稚園に行っても、ナリタブライアンが・・・・と先生に話していたとか。
あ?、ハズカシイ。

 イレコミ話の第二話でした。
 

 月日の経つのは早いもので、桜の季節が終わると、
やってきましたアッシの「春祭りウイーク」!!

 一昨年は大勝利。○十万円を手にして、調子こいた昨年は、思い切りが悪く、しっかり敗戦。
さて、さて今年はどうなりますことやら。

 何日もブログ更新してない奴が、連日記事を書こうかというイレコミ状態に突入。
このテンションで、1週間持つんだろうか???

 さて、予想、予想。
ラップタイムワークシートには、既に、今日、2時間かけて、各馬のデータを入力済み。

 今年の日本ダービーは、例年にない戦国ダービーと言われている。
例年人気を集める皐月賞馬が、リタイアして出走できない。
キャプテントゥーレが逃げ切りで勝った皐月賞の映像を何度も見たが、出てたら楽勝だろうなと
思わせるほど強かった。

 で、軸馬なんだけど、何にしようかな、というのはウソ。

 既に1頭、決めているのがいるのではあるが、それは金曜日のお楽しみ。

 今年の重賞戦線は、アグネスタキオンの産駒が大活躍。
キャプテントゥーレもタキオンの産駒だった。

 皐月賞を圧勝し、三冠確実と言われながら、脚部不安で残りの2冠を棒に振って
すぐに種牡馬になったタキオン。
 息子のうちの一頭も同じ道を歩んだわけだが、
今年の牡馬3冠は、全部、別々のタキオンの産駒だったりしてな。

 ここまで書いちゃうと本命がハッキリしてしまいそうだが、
今年のダービーには、3頭もタキオンの産駒が出走するのだ。
しかも、いずれ劣らぬ有力馬である。

 サンデーサイレンスの産駒がもうどのレースにも出なくなった去年は、
タニノギムレット産駒のウオッカの優勝。
タニノギムレットは、ナリタブライアンと同じくブライアンズタイムの息子。

 血が走る、血を繋ぐ者達の祭典が今年も始まる。
う?ん、わくわくするな?。

 昨日、今日と、気温の低い日が続いているが、
先週は、暖かかった。

 我が「猫の額」も花盛りになってきた。

 チューリップが咲き、柴桜も、ピンク&紫が咲いている。
IMGP0879.jpg

 ちょっと見づらいが、ユリもしっかり伸びてきており、脇芽からは、少し細めの株も伸びてきている。

 ムスカリも満開。
IMGP0884.jpg


 陽気のいいのに勇気をもらって、今年も野菜の苗を植えた。
 手前から、キュウリ、畝一つおいてナス、トマトと並んでいる。
IMGP0883.jpg


 一つおいた畝には、トウモロコシの種が発芽したら、移植しようと思っている。

 去年の五月に植えたラベンダーは、今年も緑が増してきた。
無事、根付いてくれたようだ。
 立ち姿が見たいので、ビニールロープで束ねて支えてみた。

 来る7月・8月が楽しみだ。

 「猫の額」でも結構楽しめるものです。



 パソコンが通信不能になっていた間に、山形の桜の季節は終り、
果樹園のサクランボや林檎、桃の花も終わってしまった。

 山形の春は、一気にやってくる。

 桜が満開になったのは、4月22日。

IMGP0874.jpg


 通勤経路の桜並木もこのとおり。

IMGP0875.jpg

 下から見上げた満開の桜。

 桜が散らないうちに、果樹園では、果実の花々が咲き始めていた。

IMGP0876.jpg

 東根市にある果樹園のサクランボ。パイプハウスには、まだ、覆いがかけられていない。

IMGP0878.jpg

 この花々が、サクランボの実になる。
 6月上旬には、たわわに実るだろう。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 MITSUの山・競 時々戯言, All rights reserved.