FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2019/02/15 (Fri) 還暦
2018/08/19 (Sun) 熱闘甲子園
2018/08/06 (Mon) 豪雨被害
2017/06/04 (Sun) 安田記念の2
2017/06/03 (Sat) 安田記念

 ちょっと前のニュースから、政府提出の人事案件が
参議院で否決され、3件について、人事のやり直しとなった。
 野党の反対理由は、この3件は官僚の天下りだからとか。

 参議院で野党多数派のねじれ国会の象徴としてニュースになったが、
政府の都合のいい人間が、国会承認の必要な重要なポストに、なんでも
かんでも入っていくということがなくなったと捕らえたい。

 政府も、人選に、より気を使うようになるだろうし、官僚の天下り先として各種審議会の委員にすんなり座ることが出来なくなる。
 人事にも緊張感が出てくる訳で、結構なことだと思う。

 政府のやりたい放題は許さないという状況があることは
チェック、相互牽制機能が働く健全な組織の状況として歓迎したい。
スポンサーサイト




 ガソリン価格の上昇が止まらない。
リッター150円を越えようとしている。

 ところで、ガソリンは、1物3税も課税されているとんでもない
代物であることをご存知だろうか?

 揮発油税、地方道路譲与税、そして消費税。

 揮発油税、地方道路譲与税は、最近話題の道路特定財源である。
しかも、昭和49年から2年間の暫定税率が、租税特別措置法によって
延長の連続で、今に至っている。その額、法律の本則に定められた税率とほぼ同じ分の額である。

 本則の税率に戻せば、原油価格上昇局面の今でも、
ガソリンは、1リッターを120円台で買えるのだ!

 40年前、昭和40年代とは自動車を取り巻く環境は大きく変った。

 車は、ほぼ、一家に1台。公共交通機関の貧弱な田舎じゃ、
一家に2台は当たり前である。
 贅沢品ではもはやないし、道路利用の受益者は、
自動車所有者だけではない。
 道路は、基本的インフラとして、国民すべてが受益しているといっても過言ではないだろう。
 重量税としても、購入時及び車検時に払っている。(ここにも暫定税率が導入されている。)

 もう、本則の税率に戻す時期ではないだろうか?
 戻した上で、一般財源、特定財源の議論をして欲しいものだ。

 平成19年度予算で約5兆円の税金=財源が、
概算で2兆6000億円位まで大幅に減ってしまうが、
その額をベースに、道路行政を論じてもらいたい。

 新しい道路はいらないという論もあるが、
橋梁の耐震強化や延命補強、現状道路の安全な道路への改善、
降雪地域の無散水消雪化とか、
 社会発展に資する基本的インフラ整備として、
道路への税金投入・投資を議論してもらいたものだ。


 先月、東京に行った時に、ジブリ美術館に初見参!

 自分に対するお土産は、なんと、紅の豚の飛行機のプラモデル2機。
 ポルコ・ロッソとロナルド・カーチスのあの機体である。

 ポルコは、息子が、カーチスはアッシが作ることとあいなった。

 軽薄な赤と濃い青に黄色の機体が飾り棚に並ぶのは、随分先の事に
なりそうだが、のんびり、作っていこうと思っている。

 シバタモデルから、水溶性塗料を25個買ってきて、
少しずつ、色を塗りながら作っている。
 
 ブログの更新もままならないのは、歯痛の治療の長期化と
この製作が大いに関与している。(と、思う。)

 筆と塗料代とで、二機分以上ののお金が飛んでいったのはご愛嬌。

 完成したら、また、写真を撮って、披露します。

「セメントの必要ないガンダムに比べて、今度の飛行機は手ごわい。」
と、息子は、のたもうている。

 どんなふうに出来上がるか、楽しみではある。


 子供達は、アッシのことを
「父」と呼ぶ。

 妻の父や、自分の父のことを「おとうさん」と呼んでいた頃、
区別するには「父」がいいかなと思って、そう呼ばせていた。

 火宅の人の主人公も、子供達から「ちち」と呼ばれていたな。

 で、三日ぶりに、出張から戻って、こうしてブログに向かっている。

 我が家に帰って、うれしそうに
「ちち、おかえりなさい。」と言ってくれる人がいるというのは、
いいもんだな。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 MITSUの山・競 時々戯言, All rights reserved.