FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2019/02/15 (Fri) 還暦
2018/08/19 (Sun) 熱闘甲子園
2018/08/06 (Mon) 豪雨被害
2017/06/04 (Sun) 安田記念の2
2017/06/03 (Sat) 安田記念

 昨日のNHK「その時歴史が動いた」

 歴史になってしまった日中国交回復も、当時の当事者が
まだまだ、沢山存命されていて、回想の生の声が、まさに、生々しい。

 周恩来や毛沢東、そして田中角栄の映像を久々に観たな。
 大平正芳外相、田中と総理総裁の座を争った福田赳夫

 「角さん」がえらく若く見えた。

 1972年9月29日、一週間足らずの交渉で
国交を樹立した日本と中国

 その舞台裏には、様々な動きがあった。

 周恩来は、この時、既にガンに侵されていた。
毛沢東は、首相でありNo2である周の治療も認めなかったというのを
最近、何かの記事で読んだな。

 多くの問題を棚上げにして、国交樹立一本に絞った交渉
多くの問題を後生の知恵と努力に委ねたと言えるのかどうかは
これからの日中双方の指導者・国民の肩にかかっているといえようか。

 やがて、双方が双方をより以上に必要とする
相互依存の時代が確実にやってくるだろう。

 脅威論より共生論としての日中関係が語られる時期に来ている。

 ちなみに、余談だが、9月29日は、アッシの結婚記念日である。


スポンサーサイト





| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 MITSUの山・競 時々戯言, All rights reserved.