FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2018/08/19 (Sun) 熱闘甲子園
2018/08/06 (Mon) 豪雨被害
2017/06/04 (Sun) 安田記念の2
2017/06/03 (Sat) 安田記念

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 いよいよ、明日出発である。

 旅行会社の書類も一式、1日遅れの土曜日の夕方届いていた。
 あんまり来ないので、担当に連絡、もう一回別の宅配業者に
頼むこととしたら、その分も日曜日に届いた。
 
う?む。同じ書類が2通、手元に残った。ボールペン1本得したかも。

 ベトナムといえば、戦争。
 アメリカが手を引いて戦争が終わってから、もう30年にもなる。

 子供の頃の夕方のニュースは、ベトナム戦争の戦況を
毎日のように報道していたような気がする。

 北爆、べトコン、ホーチミンルート、グエン・バン・チュー
そんな言葉が、テレビから聞こえていた。

 アメリカと国交を回復し、ASEANにも加盟、
社会主義国家でありながら、ドイモイ政策で開放路線に
舵を切り、経済成長と発展を続けている国家と国民。

 食も楽しみだが、やはり、戦争を考える旅となるか。

 宮城谷の小説 5冊買い込んで、片道6時間のフライトは
ばっちり、時間を使えるだろう。

 帰りの飛行は、とにかく睡眠。
 いつでも、どこでも、誰とでも 眠れるのがアッシの特技。
(あ、変な意味ではないよ。旅行中のバス列車中etcの話です。)

 土産は、大量の写真ということになりそうです。
スポンサーサイト

 ちっちゃな頃から悪餓鬼  ではなかった
 15歳で不良と      呼ばれはしなかった

けれど、
 ナイフみたいに     とがっていたし
 触るもの皆       傷つけたかった、傷つけた

 心の闇など、誰にでもある。
 青年時代は、暗い・闇い・クライ・CRY だ

 伊賀栗やウニのように、全身、棘だらけ
 棘の深さ・長さもハンパではない。

 棘とトゲの隙間を埋めたものは、遭・哀・会・合・愛 か?

 
 
.... 続きを読む

 8月の月山の花を、紹介させていただいたところ
好評だったようで、それに気を良くして、
前回掲載しなかった写真を、ご覧頂きたいと思います。
 ただ、今回の写真は、遠景、名称不明が多いのでご容赦ください。
20060826105935.jpg
エゾアジサイ
20060826105948.jpg
オタカラコウ
20060826110008.jpg
トキソウの2
20060826110034.jpg
紅葉のはじまり?

.... 続きを読む

 連日の猛暑も、吹く風だけは少し涼しくなってきた。
 ブログと格闘しているうちに、8月26日じゃないか。
 出発は三日後だ。

 昨日、一緒にベトナムに行くT氏と最終打ち合わせ
(なんのことはない、ていのいい飲み会)
 合流地点を決め、前に作成しておいた、持ち物チェックリスト
 を再確認。若干、抜けているもの、不用なものを整理して
 後は、当日を待つばかり   

  って、俺の所には、まだ日程表着てないんですけど・・・

 今回は、ホーチミン(旧サイゴン)を中心に回る予定
 とにかく、下手な鉄砲も・・・ で、写真だけは
 撮りまくろう と思う。

 8月29日から9月3日まで、ブログ休みです。

なんちゃって、ノートPを持参しようかなぁ
 現地からのリポートです
 とか 言ったら、記者みたい ではないですか。
 
 報道マスコミ関係の職業に就きたいと思っていたっけなぁ。
 「山と渓谷」社からは、面接にお出でと言って貰ったっけなぁ。

 でも、22歳のアッシは、山形に帰ることを選んだのでした。
 タラ、レバ 言っても、人生 やり直しは利かないのよね。
.... 続きを読む

 アッシのブログにコメを寄せていただいたWileEさんから、
デジカメ映像の無料圧縮ソフトを教えていただいた。

 昨日、挑戦してみた。
 ダウンロード出来ないまま失敗したのかと思いきや、
 今日、ノートを立ち上げたら、しっかり、画面にアイコンが・・・

 なんだ、ダウン出来てたのね♪♪ で、早速、月山の花を圧縮
 とても具合がよろしい。

 あらためて、ソフト教えていただいたWileEさんに
この場を借りてお礼申し上げます。

 ありがとうございました!

 さて、教えていただいたソフトを使った成果品を
皆様にご披露しなくては、
では、8月の月山の花々です。
 
20060823171716.jpg
イワイチョウ
20060823171750.jpg
ハクサンチドリ
20060823171934.jpg
ニッコウキスゲ

.... 続きを読む

 三日置きに重要な日が並んでいる8月

 六日 広島原爆投下の日
 九日 長崎原爆投下の日
十二日 日航機事故の有った日
十五日 敗戦の日

 旧盆を含めた前後10日程の間に、日本人にとって大事な日、
忘れてはならない日がある。

 十五日を敗戦の日と書いたのは、文字通り敗戦の日だからである。
 終戦記念日というようだが、終戦記念日とは、占領軍を進駐軍と
言い換えたような、負け惜しみのようにしか思えない。
 
 もちろん、もう、金輪際、二度と戦争はしませんという意味の
終戦の日なら、大歓迎なのだが、
そうとばかりは言えないのが、最近の状況なのである

 冷徹な、現状認識なくして、失敗や敗戦から何も学べない

 戦後日本が、無条件降伏・敗戦から、立ち上がろうとして
その歩みを始めたのは、間違いない事実だ。

 敗戦から7年、1952年 吉田茂全権大使が、サンフランシスコで結んだ平和条約締結で、連合軍の占領は終わるが、
敗戦国として、対戦中に発せられたポツダム宣言等各種の対日宣言、
東京裁判の結果及び国連に加盟するにあたり、日独を敵国とする条項を持ち続けている国連の一員として加盟したこともまた事実であり、
当時の日本が自ら選んだ道だ。

 自分が認めた事実及び状態を、後になってから、無理やりやらされたとか、おかしいとか、無かったとか言うこと自体がナンセンスだ。
 最近のテレビ討論番組の訳の分らん芸能人のしたり顔の論調も、
腹が立つ。

 押し付け憲法論議も、しかり。
 占領下にあるとはいえ、国民が選挙で選出した国会議員が、国会で
議決し、80%の国民が賛成した憲法である。

 同床異夢の言葉たちが多い。
 自主憲法制定には、大いに賛成。
されど、明治の欽定憲法に戻るような、
天皇と国はあっても 民 が無い ような
憲法改正は、真っ平ゴメンだ。

 そもそも、現日本国憲法には、政府という言葉は、前文に戦争を行うものとして出てくるだけ、しかも、たった、一度しか出て来ないのだ。

 公約は守らなくてもたいしたことではないと言った首相が
 公約だから、靖国には行く、参拝する、いつ行っても文句言われるのでいつ行っても同じだからと8月15日に参拝したのはこの間。

 同じ人間が、同じ言葉に対して、180度違った対応をしてみせる
 その人がわが国の首相である。

 言葉に重さが感じられないのは、なにも首相一人ではない


.... 続きを読む

 どうして、こんなに熱い戦いが出来るのだろう。

 ランナーズハイというものがあるそうだが、
 さしずめ、甲子園ハイとでも言えばいいのか?

 球場全体が一つになって
 試合場で競技する選手達だけでなく、
 応援席も全体が一つの時間を共有していく過程

 一球一打の積み重ねが濃密な時間空間を創造していく過程

 テレビで観ている人、ラジオで聴いている人の想念までもが
 ブラックホールに吸い込まれるように、現場の空気の密度を
 圧縮していく
 そして、そんな空気が、また次の瞬間の
 選手達の動き、試合の流れを 生み出して展開していく

 夏の甲子園大会の現場に、いつか、行きたいと思っている
 来年は89回、2年後、90回記念大会が目標かな。
 その時、息子は小学5年生になっている。
 
 父と俺と息子と、こころの故郷に3人で座っていたい。

 

 逝く夏を惜しんじゃいられねぇ?
 駒苫と早実の決勝戦再試合、又しても壮絶な戦いだったようで
後で、ニュース映像を見るとその感が強くなった。

 仕事の移動中、ラジオから聞こえてくる実況を細切れに聞きながら
多分、早実の優勝だなと思いながら家に帰ってきた。

 二日間47イニングに及ぶ戦いは、感動的だった。

4年前、倉敷工との雨中の試合、大量リードをフイにし、
    翌日の再試合での敗戦。
3年前、佐世保実との息詰まる最終回の攻防と甲子園初勝利も
    ラジオで聞いていた。
 強打の日大三・涌井の横浜・東海大甲府・春夏連覇に挑む済美
 文句なしの初優勝を、「熱闘甲子園」を録画しながら全部見た。

 「雨で流した甲子園初勝利、この1勝をお前らに託す」
 倉敷工戦の悔しさを一日も忘れず、雪のグランドを踏み固め
 長靴を履いて冬もノックを受けた駒大苫小牧の球児達。
 それから、3年、甲子園で勝ったことの無かった北国の球児達は
 常勝チームとして、甲子園14連勝、3連覇に王手をかけた。
 
 そして、敗れた。4年間、18試合のドラマはいったん幕を閉じた。

 彼らの疲れを知らぬ戦いを見ていて、
夏は終わっていないことを
逝く夏を惜しんではいられないことを、思う。


.... 続きを読む

 庭で、こおろぎが初鳴きしたのは、11日の夜だった

 高校野球の県代表が負けてしまうと、夏が終わったような
気がしたものだが、
 日大山形高校の大健闘で、今年の夏は暑く・長かったなぁ

 それも、今日で終わり。2?5で早実に負けた。

 息子の発熱も、今日で完治。すっかり元気になって
土中温度の観測を再開、20時の定時観測のため、懐中電灯を
持ち出して庭へ。 観測に励んでいる。

 昼過ぎに、大粒の雨が降ってきた。雷も光っている。

 雷神を山形弁で、ライサマ と言うが

 ライサマは、季節の移り変わりを教えてくれる。
 明日からは、日中残暑、夜は涼風、寝苦しい盆地の夜も多分終わる

 季節の終わりを感じたかのように、
ミンミンゼミの鳴き声が、ひときわ大きく響いていた日中だった

 赤とんぼが飛ぶ夕方を迎える。

 思えば、多忙な夏 だった。



.... 続きを読む

 8月14日に、かねて計画していた月山へ。

  今回は、登頂目的ではなく、花、高山植物を探しながら
 ノンビリ歩いてきた。

  6月に行った時は、まだまだものすごい量の雪が残って、
 登山道を覆い隠していたため、行きは良いけど、
 帰りの道が分らなくなると思い、登山途中で断念・撤退決定。

  でも、何もしないで帰るのは悔しいので、
 持参したレジャーシートを ソリ にして、雪原を滑ってみた。
  あちこちに、ブナの若芽が顔を覗かせている斜面を滑った。

  30?位、結構滑るんですよ、レジャーシートでも。
 方向のコントロールが難しいけど。
  調子に乗って、何度も滑ったら、シートがぼろぼろになった。

  さて、今回、同じルートを歩いてみたら、
 6月の時は、今頭上を覆っているブナの木々の上を、
 歩いていた事に きずいた。 

  二時間半程で、牛首の分岐点に到着。
 多くの人が、登山・下山していく姿を眺めながら、昼食を取る。

  下山は1時間30分ほど。

  コースのすぐ隣の尾根筋の向こうは、リフトが運行している。
  こっちに、わざわざ足を運ぶ人は少ない。
  だから、それほど荒れずに、所々に高山植物が咲いている。

  続きは、写真のオンパレードです。
 どうぞ、お楽しみください。

<a href=

.... 続きを読む

 高校野球も昨日から三回戦に突入。
 ここまで来ると、長い大会もアトわずか。

 今日は、アッシの地元山形代表 日大山形が愛媛代表今治西高と対戦
壮絶な点の取り合い、延長13回を戦い、サヨナラ勝ち、
県勢に、初の8強進出をもたらした快挙だった。

 長い長?いトンネルだった。
全国で唯一、夏の選手権大会88回を重ねたのに、8強なしの弱小県。

 1勝で8強の時代にも勝てず、初勝利は、昭和48年の日大山形

 一県一校になってから、2勝以上8強に挑戦すること8度目で
遂に、遂に成し遂げた。

 延長13回表、2点を勝ち越された時は、正直、
「また、惜敗かぁ。」と思ったものだ。

 選手達はシタタカだった。気持ちを切らさず、球に喰らいつき
3連打でまず1点、相手の捕逸で同点、なお続く満塁で犠牲フライで
決勝点 サ・ヨ・ナ・ラ 

 かつての甲子園常連高校も、最近は低迷、2年前は、
1回戦でコールド負けの屈辱も味わったチームの逆襲。
 県外出身選手は、宮城出身エースの阿部君だけ。
あとは、県内各地から選手が集まった山形代表チームの快挙である。
 
 準々決勝は、西東京代表優勝候補の早実高。
勝って欲しいが、ここまで来れば、勝敗度外視!

 自分達の力の限りを発揮して試合を楽しんでくれ!!

 携帯電話を、とうとう更新した。
 パソコンとプリンタ買った7月中旬以降

 デジタル“革命的”な、毎日が始まっている。

 どうしたんだ、ヘイ・ヘイ・ベイビー!!
バッテリーは、へなへな だぜ。
 もう、あきまへん。充電しても、すぐ切れる。

 ということで、7年前、「俺は、んなもの持たん」と言って、
峻拒していた携帯を持ってから、
 時代の流れに逆らって、写真も無い。メールは打てない、
 通話は、今からカエルコールと早く家にカエレコールもしくは、
どさいだ?(何処にいるの?)コールしか使わなかった、
電話機能しか使わなかった携帯を、更新した。

 初めて携帯を持った時、やってきたのは、
出会い系の、嵐のようなメールとワンギリのラッシュ。
 あまりのヒドサニ、辟易して、電源オフ状態を長く続けるうちに
電話以外の使い方を全部忘れた。

  その俺が、写真つき携帯を、つい、先日買ってしまったのである。
 dokomoのポイントや、なんたらかんたらの、サービス割引をあれこれ
 つけて、21000円が、8000円ちょい。

  その、携帯で、花火だの、山だの、自分の家族だの撮りまくった。
しかし、またもしかし、なのである、

 imodoが、まだ、ちゃんと使えない。ということで、
プロフの写真は、真っ黒に日焼け&画像も黒いままの自画像が
そのまま、居座っているのです。

 ほんとは、この記事に、月山のキレイな高山植物、
載せるはずだったのに



 アッシが住む県都山形市の西北30km位の所に、西川町が有る。
高齢化率(町内人口に占める65歳以上の高齢者の人口の割合)
30%超、3人に一人は、じいちゃん、ばあちゃんの町、西川。

 その町が、元 気 なのである。
 この町は、実にしたたかな町である。何がシタタカか?
水商売が極めて上手なのである。

 月山は、修験道の山、出羽三山(羽黒山・湯殿山・月山)の最高峰。
その月山を町内区域に持つ西川町は、ここ20年程で、
人口を半減させながらも、町内を訪れる人々の数、
交流人口は拡大させている。

 月山の麓にある気候・風土・歴史・文化・産物等 
あらゆる町の特性を生かそうとしている。

 県都を含む山形盆地60万人の水瓶として寒河江ダムが町内にある。町内を横断して通る国道は112号線、ダム建設の水没戸数112戸、にひっかけて、東洋1の噴水をダム湖に設置。
 噴水の高さは112メートル、徹底的に112にこだわった。
波の静かな湖面を利用して、カヌーの練習場に。

 最上川の支流として、最長、最大流域を有する寒河江川の大半が
町内を貫流、中流がダムなら上流は、釣り。
 大井沢は、キャッチ&リリースを売り物に、多くの太公望を引き付けている。

 平均積雪深3mを超す豪雪の町でも有る。が、
その豪雪が、春になると
解けて流れなくても
解けて流れても、仕事と金を生む。

 昔から、月山春スキーは有名で、
ビキニを着たお姉さんが滑っていたり、
雪渓の上にチェアーを出して寝そべっていたりの
国鉄の宣伝ポスターを覚えている。そういえばオンリィワンシュプールの山頂からのヘリスキーもあったな。
(ヘリで、月山山頂に降り、其処から麓の志津まで滑る全長10キロ)

 ミネラルウォーターがブームになる前から、
「月山自然水」なるものを売り出していた。
 これ、ホンとに、水 です。

 道の駅の変更にも頭の固い国・公団を説得、ダムの噴水地点から
役場よりの地点へ、その名も「銘水館」、温泉まである。

 で、アッシの今日の行動は、
 
.... 続きを読む

お盆のこの時期、J2の地元チーム、
MontedioYAMAGATA
ホームゲームが、何故か、毎年組まれている。

 昨日、久々にモンテの試合を「べスパ」
(天童市にある、県総合運動公園にばなポーツーク
に見に行った。

 中学時代からの友人Sinが、東京から帰省してくる途中、
実家に立ち寄る前に、試合観戦・それから実家へ
というものすごい強行軍のハイライトが、サッカー観戦。

 ホームゲームのある日が、12日ということで、
帰省ラッシュのピークと知りつつ、この日に帰省日を設定、
午前4時に東京を出発、13時間かけて山形へ、
ビールが飲めるようにと、わざわざ我が家に迎えに来てくれて・・・

 彼は、毎年お盆と正月、奴は渡り鳥のように、きっちり帰ってくる。
結婚した時期も、子供が生まれた時期もほぼ一緒、
何よりも、彼は、縁結びの神・実質的な、我が仲人である。

<a href=試合のパンフ、表紙は前田和也選手
 
 さて、ゲームは、2?1でモンテが逆転勝利
15分過ぎに入場したので、徳島の先制得点は見ていない。
モンテの同点・逆転シュートを目の前で見られた。超ラッキー。
 実は、アッシがモンテ見に行くと、消化不良の引き分けか惨敗
勝利の雄たけびをあげたことはほとんど無かったのだ。

.... 続きを読む

 盆である。
今朝、父と墓参りに行ってきた。
子供たちはそれぞれ他所に遊びに行っており、14日に行くことにしている。

 井上ひさしの戯曲「頭痛・肩こり・樋口一葉」を芝居で見たとき、
「盆・盆・盆の16日に、地獄の釜のふたがあく・・・」という歌が、
劇中で使われていた。
そう、まさしくこの時期は、地獄の釜の蓋が開くのである。

 坂本九ちゃんが、事故に巻き込まれたのも、
この日8月12日だった。

 ダッチロールを繰り返したあげく、群馬県上野村御巣鷹の尾根に激突
4名の生還者がいたことが奇蹟的な程の大惨事だった。
あれから、22年かな?(後で、21年目とニュースで言っていた。)

 これだけ大きな事故を起こしても、
航空機事故は後を絶たない。
部品の劣化金属(=勤続)疲労による事故が多いのも気になる。

 運輸を業とするものは、運ぶ人や物を目的地に安全に運ぶことが、
業の大前提であり、利益の源であるはずなのに

 利益にハシって、安全に懸ける人や機材費用を削って
利益を出すというのは本末転倒である。
 
 利益の源泉は、安全であることであり、事故は、
人名と会社の信用を失墜させるものである、と、
利用者・消費者である私たちが知らしめなければならないのだろうか?

 不買運動や利用しない運動で。

.... 続きを読む

 連日の猛暑が続いている。
 雨の7月がウソのようだ。とにかく、暑い。
 
 晩酌の習慣のないアッシも、この時期だけは、つい近所の酒屋から
缶ビールをマトメて買ってきて、シャワーを浴びるなり、半裸の状態で
シュポッ、グビ・グビグビ、プハー!

 うまいんだなぁ、これが!!の世界に逃避する。

 で、夏休みである。娘と息子は、従兄妹が来るとて、
同じ市内にある、おじいちゃんおばあちゃん家(妻の実家)に
遊びに行っている。

 息子の夏休みの自由課題、去年は鳥海山登山記録だった。
今年は、4時間おきの外気温と土中温度の観測ということになった。

 先日、近くのホームセンターの園芸部門から、
土中温度計の5個パックと外気と土中の兼用温度計を2本買ってきた。

 観測地点を5ヶ所に決め、8時、12時、16時、20時の4回
計測することにした。

 しかし、課題を何にするか決めるのに、日数がかかって、
観測日数が足りないのに、従兄妹と遊ぶ魅力に負けて、
4連泊のお泊りに行ってしまった。

 夏休みは、20日の日曜まで、山形の夏休みは短いのだ!
アッ言う間に、明日は二学期という日が来てしまうのだ。

 観測のまとめを、19日・20日の土日でするつもりだろうが、
父は、手伝わんぞ

.... 続きを読む


 私が働く職場は、建物内全面禁煙になって久しく、喫煙できるのは、自転車置き場の一角。

 すぐ、近くには、植え込みとかがあって、樹木ではセミが鳴き、
目を下に向ければ、アリが忙しく働いている。

アリが忙しく働いている
うまく羽化したセミの抜け殻

 昨日、セミの抜け殻があちこちに見受けられたが、
1匹だけ羽化出来ずに、地面にひっくり返っているのがいた。
 アリが群がっている。

 そして、今日の朝、出勤前に一服しながら様子を見てみると・・・

体がほとんど見えなくなっている。

 恐るべしアリの執念。24時間以上かけて自分たちの巣に
引きずり込みつつあるのだ。

引きずり込みつつあるのだ


.... 続きを読む

プロフィール写真を、見ていただいただろうか? 

そう、ジャックスパロー船長から、自分の肖像に変えてみました。

「デジカメでびゅ?」したものの、
ブログに載せる写真が撮れなかった。

 原因は、容量(250KB以下)オーバー。
 記録サイズの設定が、2M(メガバイト)になっていたのだ。

 これじゃあ、撮る写真撮る写真、みーんな“容量オーバー”
 じゃあ、あ?りませんか。
 で、一番少ない640KBに設定変更、

 セルフ撮影が、まだ出来ない
(この辺が超初心者・覚えずに終わったりして)ので、
腕を目いっぱい伸ばして撮ったのがこの写真である。

.... 続きを読む


 カブトムシが二匹、この時間、虫かごの中を、動き回っている。
夜行性の本領を発揮している。

 最初に、我が家にやってきたのは♀のハナコ。

 梅雨明け前の雨の日に、職場の駐車場の我が愛車の前で
ヒックリ返ってジタバタもがいているのを、
息子が喜ぶと思い、持ち帰った。

 それから、2・3日後やってきたのが、♂のタロウ。

 こちらは、娘の学校の廊下で、これまたヒックリ返ってもがいていたのを、娘が持ち帰った。
 弟の♀にお仲間が出来ると思ったらしい。

 タロウは、活動時間が少し早く9時くらいから活動開始。
 小さなゼリーを、「俺のんだ。」と言わんばかりに、
 抱えて、頭を突っ込んで汁を舐めている。

 ハナコの方は、12時過ぎに起き出して、タロウのいない辺りを
うろうろしている。

 秋になった時、腐葉土の寝床の中から、果たして、何匹の幼虫が
孵化してくるか、楽しみだ。


.... 続きを読む

 本来、今日のブログ日記の題名は決まっていたはずだった。
「西浜海水浴場に海水浴&キャンプに行って来ました」という結果報告をしようと思っていた。
 デジカメでびゅ?した海水浴の写真も載せるつもりだった。

 しかしである、残業終えて、家路に付く頃、ラジオからは、
高校野球の、八重山商工VS千葉経済大付属の試合が流れている。
時刻は夕方7時半を回っている。
 「え!こんな時間にまだ試合してるんだ。」と思いつつ
聴くとはなしに聞いていた。

 そして、家についても、まだ試合は終わらない。
 先攻八重山、後攻千葉で、9回表ツーアウト、6対4で千葉リード、あと一人で千葉勝利の場面からテレビを見始めた。
 ところが、ところが、八重山は最後の一人がヒットを打って同点、
試合を振り出しに戻し、
 延長10回、3点を追加、結局、9対6で勝利した。

 試合は、常に千葉リード、八重山は常に追いかける苦しい展開。

 アキラメない、クジケない、
 最後まで気持ちを切らさず試合を捨てない、

そんな気迫が、画面に映る両チームから伝わってきた。

 午後8時を回って、試合は決着ついたけど、
 彼らのプレーの スピード感、1球1球の勝負の切迫感に
 胸が痛くなった。
.... 続きを読む

 ついに、デジカメでびゅーした。
先月中旬、スーパーデジタルディバイス状態を脱出してからというもの、パソコンを買い、ついでにヤフーでインターネットも加入し、
返す刀でその日から、ブログを書き始め
(セッティングに協力してくれた友人のTOBIさんに大感謝。)

旧式の(7年前の)携帯は、更新しない(カメラ付いてなぁ?い)
ものの、妻君の携帯カメラから、写真をUPし、プロフにしてしまい、
無料ホームページも、ごちゃごちゃ操作してるうち、形だけは出来た。


 で、デジカメである。
昨日と今日の一泊二日で遊佐町の西浜海水浴場にキャンプ&海水浴に行って来て、やっと帰ってきた。
「あぽん西浜」(海水浴場に隣接する結構しょっぱい味のする温泉)
で流してきた汗を、再度自宅の風呂で流して一息ついたところで、
このブログ日記を書いている。

 この旅行を「デジカメでびゅー」とすべく、5日に早速買ってきた。
説明書をざっと読んで、とりあえず撮れるようになり、
この旅で、ブログのプロフの写真を、
デッドマンズチェストのパンフから拝借したジャックスパロー船長から
キャンプ中の自分の遠景写真に、切り替えるはずだった。
ああ、それなのに・・・・・・・


 


.... 続きを読む

 チョイ不良オヤジという言葉が出てきてから、
しばらく経つような。

 チョイ不良のチョイというところがいいのか?
ホントの不良じゃ困るし、付き合えない。
愛すべきキャラとしては、立ち居振る舞いチョイ不良。
例えれば、黒髪に数本白髪が入っている感じか?

 お立ち寄りの妙齢のご婦人方、MITSUにチミらの考え教えてちょうよ
 
 四角四面のマジメオヤジ。
マジメ+したり顔で説教かまされたりしたら、
もうチョー×2のうざったさ かな。

 チョイ不良入って、それとなく教訓をスパッと垂れる
てな、感じかね。

 
.... 続きを読む

 ビートルズのNoに「thanking」という曲がある。
世界各国の「ありがとう」を意味する言葉が
歌詞にちりばめられている。
もち、ARIGATOUも。

 アッシが住む山形県は、面積が結構広くて、
大きく分けると、4地域があり、方言もかなり違っている。

 県都山形市を中心とした村山地域
 米沢牛、上杉祭りで有名な米沢市を中心とした置賜地域
 新庄市を中心とした巨木のふるさと、最上地域、そして、
 港町酒田市、藤沢周平の小説の舞台のモデル城下町鶴岡を
 中心とした、庄内地域

「ありがとう」は
置賜 おしょうしな
村山 ありがど・ありがどさま

 傑作は、庄内の「もっけだの」MOKKEDANO
言い方、イントネーションを使い分けると、
これほど便利な言葉はない。

A きんな、だだちゃ豆、えさ、とどけでけで、もっけだっけ

B なんのなんの、もっけだぁ?

A んでも、とおいどこから、おおもっけっだっけぇ?

B ほだごどやれっど、こっつこそもっけだのぉ?

A いやぁ、まったく、もっけだのぉ?(語尾?)。

この会話の意味を、別の日本語で知りたい方は、
続いてお読みください。


.... 続きを読む

昨日は、修復作業に忙しく、おNew記事をブログに書けなかった。
今日、山形は暑い。33度、この夏1番。ちなみに、日本最高気温記録地点も山形である。

 6日・7日の1泊2日で、遊佐町西浜海水浴場にキャンプ・海水浴に行くことにした。
 その日は梅雨明け宣言から1週間。
 天気・気温ともに安定しているだろう。
 西浜には、今回で3回目のキャンプになるが、
前2回とも忘れられない思い出がある。

 第1回目は、キャンプの練達者である、この私が足にやけどを負うというへまをやらかして、2日目の海水浴を棒に振るというニガーい経験をした。

 早朝、寝ぼけ眼で頭がぼ?とした状態で、テントの中で湯を沸かしコーヒーを飲もうと思ったのが間違いのはじまり。

湯が沸きマグに湯を注ごうとしたとき、コッヘルの取っ手がはずれた。
 熱湯は私の足から、子供たちの方へ。

 出入り口2ヶ所のテントで良かった。
 反対側から、子供たちをテントの外に出し、ヤケドさせずに済んだのが不幸中の幸い。

.... 続きを読む

 修復作業がはかどらない。
 「始めたばかりだから、仕方がないさ」と
自分をなぐさめるのだが、一度やったはずの作業が
いっぺんにパーになること、幾たびか・・・・

 この道に引きずり込んだ友人は、
まだまだ苦労が足りないよ。」
と、思っていることだろうが、
当の本人は、もう、頭がウニ状態。

一作業、一作業毎にブログの確認しながら
ふと、目をやれば、コメが増えてる

 疲れも吹っ飛ぶこのうれしさ!
 ということで、今日も、「 おNewの記事 」が書けている。




.... 続きを読む


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 MITSUの山・競 時々戯言, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。