FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2019/02/15 (Fri) 還暦
2018/08/19 (Sun) 熱闘甲子園
2018/08/06 (Mon) 豪雨被害
2017/06/04 (Sun) 安田記念の2
2017/06/03 (Sat) 安田記念

Selected category
All entries of this category were displayed below.

 最高気温が0℃以上にならない真冬日が
山形市では、1月に21日と26日の
2回しかなかった。

 26日は自分の誕生日で、還暦を迎えた。
 つまり、60歳になったのであるが
実際60歳になってみても、「以外に、若いんじゃないかい」
という感じである。

 50歳違いの祖母の60歳の頃を思うと隔世の感がある。
住宅事情も、食料事情もまるで違うのだからということも
あるのだろうが、それにしても、である。

 老け込むには、まだ早い

 3月末には、自動的首切り、つまり定年である

 次のステージがどうなるのか皆目見当のつかない
現在であるが、何かを為そうとは思う。
 
 それが、人の役に立つことでればいいのだが・・・・・




IMGP0159.jpg






スポンサーサイト





 中学の担任が亡くなった
告別式の日には、先約があったので行けない
ということで、自宅を訪問

 玄関に張り紙がしてあり
出棺時刻の18時までには行けるだろうと
会場まで足を延ばして、お悔みに行ってきた

 思えば、15歳、人生最初の進路選択である
高校進学の背中を押して頂いた恩師であった

  この三か月、終活もどきに、週末ともなれば
不要になった物を処分してきたわけだが
写真は、中々捨てられない物の一つであった

 中学の卒業アルバムを開いていたとき
思えば、面白い先生が沢山いたなと思った
  なにがしかの人格的な影響を受けてきたのだろうと
今更ながらに思う

 長い闘病の末に逝かれた先生
 久々にお目にかかったお顔は安らかだった

    合掌 


 相方は、休日なのに早朝から出勤
廃品回収のお手伝い

 10時過ぎに帰ってきた

 アッシは、8時前に墓掃除に出発

 陽射しが強くなり始める中
去年の落ち葉を掻きだし、 
伸び始めたこの春の雑草をむしり、
墓石をタワシで磨き、古い水を交換

 汗だくになって90分、なんとか
掃除をした跡が見えるようになって終了。

 なんとなく、昔のビデオなんかを見ながら
ぼーとして過ごす

 NHKマイルカップは、思い切って切った
④メジャーエンブレムが優勝
④を抜いた③、⑤、⑧、➉、⑱の5頭ボックスの三連複も

二着⑤ロードクエスト
三着⑱レインボーライン
四着➉ダンツプリウスが入って
見事に一位抜けとなってしまった。

 やはり、最初の予想どおりに買っておくもんだな

一番人気、二番人気の入った三連複なのに
人気薄の⑱も入って、万馬券だったのは、
とても、とても残念だ・・・・・・

 次は、優駿牝馬まで二週間のお休みである。


 5月3日から8日まで、
6日の金曜日を有給休暇で休みにして
6連休とあいなった。
残すところ二日。

 3日の憲法記念日は、
前日の飲み会の後遺症でダウン。

 4日のみどりの日は
何をしてたのか、思い出せない。

 5日の子供の日は
早朝ゴルフ
 娘も、息子も、この日の朝早いうちに
それぞれの生活の場へと戻っていった。

 仕方ないから、麻雀屋へフリーで
10荘くらい打って、場代こみ10000負け

 6日は、断捨離の1日
午前中に、段ボールなどを纏めて
廃品回収へ、それが終われば
庭の花水木の片付け

 立ち枯れてから3年目、
充分に枯れきって、幹回り15センチ程でも
ノコギリで切れるようになったので
 上下2分割し、残った下部の周りの土を
若干掘って、揺らしてみたら、
簡単に、根切りに成功
 上部も、40センチ程度の長さに
切り揃えて、3分割。

 今日、燃えるゴミの日に、まとめて
出すことにした

 午後は、ゴルフをハーフラウンド

 先日、従兄から貰ったクラブも、
大分、勝手がわかってきて

 川や土手に打ち込むこともなく
 パー2個、ボギー4個、ダボ3個の
46打、13パットで回れた

 5日は風が強すぎて
57-55、ボールロストも4個
ワンペナルティも8個と散々だったことを思うと
 風のあまり吹かない日のゴルフは楽しい

 帰り道の近くにある、温泉「ゆぴあ」で
汗を流し、体重計に乗ってみたら、65.7キロ

 やっと65キロ台まで、体を絞れた

 目標まで、あと、3キロ減である。
これで、山に登りに行ける。

 さて、今日と明日、残り2日をどう過ごすか?

 雪も消えただろうから、墓掃除にでも行くか~。

 おっと、その前に、タイや交換もしなくちゃな。

 

 もう10日も経つのだが
井山裕太六冠が十段位を獲得して
囲碁の全冠制覇を成し遂げた。

 将棋では、羽生名人が1996年に
タイトル全制覇の七冠を達成している

 二人に共通しているのは
二十代半ばで達成したこと

 タイトルを防衛しながら、
挑戦者になり続け
次々とタイトルを奪取していく
まさに偉業である

 奪取よりも防衛が難しいタイトルを
失うことなく守り続け
 挑戦者になっても勝ち続けた二人

 羽生の七冠は、すぐに一冠を失って
わずかな期間であったが

 さて、井山七冠はどうだろうか?

 春の天皇賞

 キタサンブラックの優勝だった
単勝は予想どおりだったが
ヒモに13番人気が飛んできて
あえなく敗戦であった。


山形県出身の将棋のプロ棋士で
現役で活躍しているのは、
酒田市出身の阿部健治郎七段

4月22日、竜王戦2組トーナメントの
準決勝に勝利して二位以上が確定
本戦トーナメント進出を決めただけでなく
来季の1組昇級を決めて七段に昇段した

2010年10月に四段昇段しプロデビュー
竜王戦には相性が良いのか
連続昇級による五段昇段
2組昇級による六段昇段
そして今回と順調に昇段して
通算7期で33対局で25勝8敗
勝率は、7割を超えている
特に、2015年の11月に六段

この4月で7段と、竜王戦に勝ち星を集めて絶好調だ
2016年度は、その他の棋戦でも、棋王戦の本戦4強や
NHK杯戦で渡辺竜王に勝利するなど大活躍

その才能は、プロの卵の三段時代から
衆目の認めるところであったが
まさに、俊英、覚醒す  というところだ

西村一義九段の門下で、兄弟子には
藤井システムや藤井矢倉の藤井猛九段や
羽生七冠から棋聖位を奪取した三浦弘行九段がいる
名人戦の順位戦での活躍も期待している

もう一人、鶴岡市出身の岡部玲央君が
4月の例会で三段に昇段
いよいよ三段リーグに登場する
こちらも、俊英覚醒といっていいと思う

四段になって、初めてプロ棋士となる将棋の世界
小学生名人戦の決勝で負けて準優勝だった岡部君の
昇段スピードもすごい、入会4年で6級から三段へ
16歳での三段リーグ参加は、将来に期待が持てる
ガンバレ、岡部君


お久しぶりです
ご無沙汰しておりました。

異動しました

山形市内の職場から
寒河江市の職場へ
4月から、通っています。

通勤距離は二倍になりましたが
通勤時間は、日によっては短縮されるという
通勤ストレスの少ない場所に異動になりました。

職場のすぐ近くを用水堰が流れており
桜並木が続いています
P4140235.jpg

桜が、満開になりました。

毎日、昼の散歩コースになりました。

P4140242.jpg

山に登りにいけるように、
荷物を含めた体重を85キロ以下にするために
運動とダイエットに励んでいます

P4140240.jpg


ミツバチも蜜を集めに、撮影するアッシの周りを
ブンブンと飛んでいました。


 まだ、興奮がさめやらない

 昨日開幕した第8回ラグビーW杯イングランド大会

 日本時間の今日未明に行われた日本の緒戦は、
優勝候補、世界ランキング3位の南アフリカとの一戦

 善戦して欲しいな位の感じだったのだが
な、なんと、34-32で、勝っててしまったではないか

 前半を折り返して、10-12と大善戦
前半だけ観戦して就寝する予定を急遽延長、 眠い目をこすりがながら
TVの前に釘付けになって観戦していた

 タイムアップ後の日本のラストプレー、
PGによる同点を狙わずに勝ちに行った日本
繋ぎ、繋ぎのプレーの連続が、逆転トライとなって
日本に歴史的勝利をもたらした

 世界のラグビーファンに衝撃を与えた日本の大金星である

 日本にとって1991年、ジンバブエに勝って以来、実に24年ぶりの勝利だった
 NZに新婚旅行に行った時期が、欧州で開催されていたW杯大会期間に重なっていた
地元クライストチャーチの新聞にも日本代表の記事が載っていたことを覚えている

 まだ始まったばかりのW杯、歴史を一つ塗り替えた日本だが
目標の8強になってもう一つの歴史を塗り替えるために、
スコットランド戦も今日のようなプレーでしっかり戦って欲しい


 日曜日は県議選
選挙権を行使するため
住民票を移さなかった娘が
土曜日昼過ぎに、帰省
日曜日昼前に投票を済ませて
夕刻前に、鶴岡に戻っていった

 来週は、山形で新人研修とかで
また、週末に帰ってくる

 別居とは言え、同じ県内に住んでいるという
安心感というか、心安さが有るなあ

 こんなこと思うなんて、子の親離れというよりは
親の子離れのほうが問題で、大変なのかもな

 

4月4日(土)
 いよいよ、娘の鶴岡への旅立ちの日だ

 午前10時過ぎ、晴天の中、出発
後部座席も片方倒して
積み込んだ荷物に挟まれながら
二日酔いの体を横たえる

 運転は、娘、途中から妻
新生活に必要な最後の品
自転車を購入するため
鶴岡郊外のホーマックへ

 サドル調節やペダル取り付けの
時間を利用して、同じ敷地に店を
構えていた台湾料理店で昼食

 ランチタイムサービスメニューから
豚骨ラーメン&中華丼700円を選択
どちらも、まともな量で出てきたのにはビックリ

 豚骨ラーメンも中華丼も美味しく頂けたのだが
流石に、二日酔いの胃袋には多すぎて
中華丼を若干残してしまった
次回は、絶対、完食するぞ

 昼食終わってからも待つこと15分程で
自転車が出来上がった

 ここからがアッシの出番
鶴岡市内の土地勘があるということで
自転車を漕いでアパートに行くのがアッシ
娘と妻は車でアパートへ

 ということで、漕ぎ出した自転車
天気はいい、街中は静か
市役所前を通り過ぎ、目印のコンビニまでは順調だった
ところが、そこからが記憶が定かでなくなって
あっちをウロウロ、こっちをウロウロ
何とか町名の合う場所まで来たのだが
住居表示が少ない
結局、前回、最後に右折したと思われる場所まで
戻って記憶を整理して再挑戦
すると、5分足らずで、すんなり到着できたのだった

 部屋は少し片付いた程度であるが
娘は自分で、のんびり、片していくという
 娘よ、達者で暮らせ

 妻と二人で、山形に戻ったのは5時過ぎだった

 ここでどっと疲れが出て、こたつで爆睡してしまったのは、
自転車で、慣れない市内をウロウロしたからというよりは
やはり二日酔いの影響なんだろうな

 

 4月1日(水)
 年度の始まりの日、昼過ぎには、あちらでも
こちらでも、フレッシュな顔ぶれが

我が職場の隣の室にも新人さんがやってきた

 我が課にも、異動でやってきた
ベテランの新人さんがやってきた

 社長の訓示、部長の訓示、部内課長会議
と、たて続けに行われて午後二時
自分も、社長訓示や部長訓示を踏まえて
自分の想いも込めた我課の訓示を行った

 その後、すぐに課内会議
新しい年の初めに意思統一第一弾である
二日後には、担当毎の意志統一第二弾
仕上げの第三弾は、その夜に市内某所で
「飲みにケーション」といこうと思っている 
 
 帰宅時のワンセグで、選抜の優勝は
敦賀気比だったことを知る
学校としても、県勢としても
初優勝、ほんとうに、おめでとう!

 

 昨日も今日も、日中の外気温は
15度を超えている
寂しかった庭に、
真っ先に色彩が戻ってきたのは
秋植えのクロッカス

 ちょうどいい塊になっていたのを
鉢植えに移したのがコレ

 P3220667.jpg

 昨年暮れ、増えた球根に
新たに購入した球根も加えて
二か所に並べ植えしたものだった

これから次々花を咲かせてくれるだろう

3月19日(木)異動の内示 
初めて行った内申の打率は
5割弱のまあまの結果だったかな
異動すべき時期に異動しないと
次が大変なんだろうな
また、新たな顔ぶれを加えて
新たな年度が始まる準備を着実にしていこう

3月20(金) 恒例となった内示時期の飲み会
いつもの飲み屋を2軒はしご
久々に、楽しく飲めたひと時だった

3月21(土)前夜の飲み過ぎにも
午前7時過ぎには起床
開幕した選抜高校野球を見ながら
うたた寝に沈むも、陽気が良いので
心地よい眠りである
光星学院が勝って2回戦は
大阪桐蔭と因縁の対決である
3時過ぎからは、久々に、碁点温泉にいって
リフレッシュ 夕暮れの中周りの山々が
綺麗な夕陽に染まっていく帰り道
オウバンで、母の買い物
頼まれていた仏菓子と花を買って
仏壇に供えた



ヤナセのメルセデスベンツのCMに
日本には24の季節があります
なんていうのがあるが

立春の次は雨水
24節季が山形にはピント来ない季節感だったのだが
今年は、ちょっと違う

雨水の初日の小川の水音は、なんとなく柔らかく
トロトロと流れているような水音で、
池の水も温んできたのかと思わせた

池一面に張っていた氷も面積が大分小さくなって
底が見えるような場所もある

 三週間は前倒しの春の足音か?
最高気温も、連日5度以上の日が続いている

 昨日の日曜日はいい天気だった

 娘の卒業記念写真を撮りに写真館へ
化粧、髪結い、着付け、撮影終了まで
凡そ二時間

 母親は付き添い、父親はじっと準備が整うのを待つばかりである

 写真館の待合に設置されているテレビで東京マラソンを
漫然と眺めている

 成人式の時には、山形に帰ってこなかった娘も
母親の熱意に負けて、渋々、撮影とあいなった

 春が来れば、学生生活も終わる
いよいよ、社会人である

 本人は一人前のつもりだろうが
車や実印などの準備 引っ越しの手配も含め
まだまだ、手がかかる

 国家には、国民と国土がある
国土には、3次元てきには、
地上権と地下権を含む領土の他、
一定の範囲に及ぶ領海と領空が含まれる

国民は、国民要件を備えた者をいう

 国家が、その構成要素を守らないとしたら
国家として失格である

 自国民を守ることは正義である

 信教の自由、居住の自由、行旅の自由は
国民に保障されている
 どんな思想・信条の国民であろうと
国家は自国民を守る責務がある

 その行為を放棄したとすれば
時の政府運営者は、国家運営失格である

 国家と時の政府運営者はイコールではない
政府運営者は、議会制民主主義の国では
選挙結果によって、おうおうにして変わるからだ

 ここまで国家の要件を整理したうえで疑問なのは
なぜ、去年拉致された湯川さんの救出に
この数か月、政府は努めていなかったのか?

 湯川さんを救出しようと中東に向かったのが
後藤さんという個人だったことの原因に
時の政府による不作為を感じたからではないのか?

 またぞろ、
自己責任論なるものが言われているようだが

2004年との違いは、ネットではそうでも
新聞、テレビなどのメディアでは、今のところ
自分の知る限り、そういう状況ではないことが、
前回との違いか

 もう一度繰り返し書く

 信教の自由、居住の自由、行旅の自由は
国民に保障されている
 どんな思想・信条の国民であろうと
国家は自国民を守る責務がある
 

その行為を放棄したとすれば
時の政府運営者は、国家運営失格である


 天皇杯 決勝

 両チームの高いプレス

 ガンバの速攻 宇佐美とパトリックの決定力に
山形は1-3で敗戦

 惜しくも優勝は成らなかったが
最後まで走り切った 素晴らしい試合だった

 ロメロ・フランクの挙げた1点は
新たなJ1シーズンへの狼煙だ

 J1でもやれる、課題は多いがきっとやれる

来年 J1でも がんばろう モンテ山形


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2019 MITSUの山・競 時々戯言, All rights reserved.