ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2017/06/04 (Sun) 安田記念の2
2017/06/03 (Sat) 安田記念
2017/05/22 (Mon) 山形神室山行
2017/05/19 (Fri) 大野東人と多賀城
2017/05/17 (Wed) 女系?
2017/05/13 (Sat) 訃報
2017/05/11 (Thu) 憲法を考える
2017/05/01 (Mon) 遙かな越南
2017/04/30 (Sun) 天皇賞 春の4

⑭サトノアラジンが優勝
⑯ロゴタイプが逃げ粘って2着
⑥レッドファルクスが3着

一番人気から3番人気は総崩れ
今年も荒れた安田記念
前年優勝馬のロゴタイプが9番人気とは

三連複に⑥レッドファルクスを入れてなかったため全滅
1400mまでの馬かと思ったら
好調維持で1600mでも後方一気の差し足で
首差の3着に突っ込んできた
これまた首差の4着以下に、自分が選んだ馬たちが
ズラリと並んでいただけに、本当に残念だ

馬連、三連複共に万馬券となった今年の安田記念だった

今年の春は、1勝6敗であえなく終了

あとは、秋までお休みである

スポンサーサイト


春の連続G1の最後は、安田記念

東京競馬場のマイル戦も第67回目となる

昨年は、三連複149.9倍
一昨年は、三連複406.9倍が的中
最近は、的中相性の良いこのレース
それには、モーリスという絶対的な軸馬がいたから
モーリスの引退で、マイラー戦線も混戦模様
何が勝ってもおかしくない

荒れる春のG1の代表格 
1番人気が入った三連複なのに
4年続けて万馬券が出ているのである

今年も、三匹目のドジョウを狙って
三連複1頭軸の5頭ボックス10点で勝負しよう

軸は、昨年5着の⑮イスラボニータか
今春、1着、3着、2着と三連複の
馬券になっている⑧エアスピネル

相手は、④アンビシャス、⑫ビューティオンリー、
昨年の覇者⑯ロゴタイプ、⑱ステファノス

⑰ヤングマンパワーも気になるな
これもいれれば15点

 200円づつで3000円
 宝くじ10枚買ったつもりで遊んでみよう



 藤沢厩舎の悲願達成で
幕を閉じた今年の日本ダービー

 優勝は、ルメール騎乗の⑫レイデオロ
二着に④スワ―ヴリチャード
三着に⑱アドミラブル

 二番人気、三番人気、一番人気で決着した

 今年のダービーは、枠連買って正解だった

⑪ペルシアンナイトの同枠馬が勝ったことで
枠連2⃣━6⃣ 11.8倍を的中で、
若干の浮きとなった

G1の連敗を6でストップできた

この春はルメールから買っていれば
ほとんど的中だったんだな

徹底的に嫌った自分に、やれやれである。



予想はよそうか、うそかまことか
 逆から読めば う・そ・よになるのだが
懲りずに、今年も、その季節がやってきた

懐に響く金を賭ける 今年は迷って枠連1点とはいかないなあ

人気も割れている
単勝10倍未満が4頭もいて、3倍を切る人気馬がいない

馬連の1番人気でも8倍台
二番人気以下から10倍を超えるのだ
配当としてはおいしいのだが悩ましい限りだ

軸は、皐月賞馬⑦アルアイン
軸の2に、東京競馬場が合いそうな
       ④スワ―ヴリチャード
対抗は、タイム優秀な青葉賞馬⑱アドミラブル
穴馬に、皐月賞2着⑪ペルシアンナイト
▲に、①ダンビュライト
△に、⑮ダイワキャグニー
▲と△は3着候補
枠連なら 2⃣4⃣、4⃣6⃣、2⃣6⃣の3点かな
馬連なら ④⑦本線に④と⑦から⑱、⑪へ
三連複なら上記6頭のボックスで15点 1軸固定なら10点
三連単は、④⑦━④⑦⑪⑱━④⑦⑪⑱➀⑮の
フォーメーションで24点かな

当日の馬場の様子とパドックを見てから絞ってみたい




枠順が発表された
有力馬は、
①皐月賞3着 ダンビュライト
④共同通信優勝 スワーヴリチャード
⑤皐月賞4着 クリンチャー
⑥サトノアーサー
⑦皐月賞馬 アルアイン
⑪皐月賞2着 ペルシアンナイト
⑫ホープフルS馬 レイデオロ
⑮プリンシパルS馬 ダイワキャグ二―
⑱青葉賞馬 アドミラブル
ざっと挙げたら、出走馬の半分になってしまった
優勝馬は、多分、この中にいる。

馬券の検討は、明日からである。



出走予定馬が出揃って
前走は、殆どが皐月賞
トライアルから3頭、NHKから2頭になりそうだ

重賞勝ち馬がゴロゴロしている
混戦の今年の東京優駿競走である

高速決着となった皐月賞組優勢
と見ているが、着順の変動は
大きいとみている

優勝馬に限れば、皐月賞6着からの巻き返しがある
アドマイヤベガ
3着や4着からのダービー優勝は沢山いる
古くは、4着からウイニングチケット、ワンアンドオンリー
3着からエイシンフラッシュ、ディープブリランテ

また、皐月賞で高速決着に十四着と十三着に沈んだ
一番人気と二番人気馬が、ダービーでは道悪馬場を
先行策で雪辱したロジユニバースと二着に来たリーチザクラウン
なんてのもあったな

2ハロンの延長
中山競馬場から東京東京競馬場への開催馬場が変わること
中5週の間の成長力

今週から、仮柵を内に3m寄せたCコースの使用

条件は、これだけ違う

さて、当日の天候はどうだろうか?



先週の土曜日、山仲間のY君と
山形神室山へ

標高は1344m、スタート地点の国道286号線
笹谷峠の駐車場は標高900mなので
山頂までの累積高度差は、約550m

急な100mの登り、急な50mの下りが各1か所
片道2時間の手頃な、足慣らしにぴったりの山である

20日の土曜日は、晴天快晴、やや高温の天気であったが
風は、相変わらず強く吹いており、眺望は良かった

遠くに、大朝日連峰や月山、葉山が良く見えたが
黄砂が飛んでいたのか、鳥海山は見えなかった

今年は、雪解けが遅く、登山道の傍には
立派な雪渓が、何か所も残っていたな

高山植物も、咲き始めており、疲れた気分を和らげてくれた

8時30分に登りはじめ、10時35分に山頂到着
山頂で20分、休憩し下山は12時35分だった

片道1時間なら、途中のトンガリ山まででも、
登山気分は味わえる

仙台、宮城ナンバーが多いこのコース

登山中も、下山中も、多くの人とすれ違ったな

今年は、気合を入れて、山行きしたいと思っている
毎週、登れば、体の疲労の仕方も、ちょっとは違って来るだろう

先々週登ったかいもあって、今週は、体の痛みも少ないようだ



怪物フランケルの娘
 ソウルスターリングの圧勝だった
今年の優駿牝馬競走

 2着に、フローラS勝のモズカッチャン
3着には、桜花賞12着から
巻き返したアドマイヤミヤビ

 桜花賞は、梢重とはいえ、雨で力のいる馬場
今日は、晴天、高温でパンパンに乾いた馬場だった

 アッシの期待のリス壌は、5着
モズもミヤビも買ってないのだから
馬券が当たるはずもい

 それにしても、良馬場で走らせれば、
ダービーに出ても勝負になったんじゃないか
と思わせるくらい、怪物の娘は強かった。

 さあ、明日から、ダービーウィークである


大野東人は、近江朝の忠臣、大野果安の息子である
672年、壬申の乱で、近江朝側の武将として奮戦したが
天武天皇に逆らった形になって、天武朝では、逼塞していた

その息子の東人は、壬申の乱時には
10代前半ではなかったかと推定するが
元正朝から頭角を現し、物部麻呂亡き後、
BC720年代からBC742年に亡くなるまで
多賀城にあって、日本の軍事の中心にあった

特に、740年の藤原広嗣
(不比等の4子の一人、宇合の息子)の乱にあたっては、
東国兵を纏め、九州に遠征、乱の鎮圧に最も功績のあった人である
広嗣は、天平聖武の股肱の臣であり、天平聖武の野望を打ち砕いたのが東人だった
多賀城跡の発掘は、今でも行われており
河北新報には、時折、発掘に関する記事が載る

多賀城の規模は、考えられているよりも相当、広大だったと推定される

対蝦夷対策だけでなく、海外からの侵略にも
対応していたのではないかと推定されるような金石文も残っている
そう、多賀城碑である

碑文の視界には、常陸や出羽だけでなく
靺鞨との境界まで3000里とあるのがそれだ

実際、727年、橘諸兄(橘美千代の息子、聖武の妻光明子の異父兄)が、
渤海から、奥州を経由して畿内に
首領「高斉徳」を送るとき、その妨害に努めているのだ

子供が生まれた場所を、名前にする慣例を考慮すると
(例:百済復興戦の旅中に停泊先で生まれた大伯皇女、大津皇子)
744年、17歳で急死した安積親王は、つまり727年生まれであり
首領「高生徳」の息子として、この時期、東北の安積で
生まれたと考えられないだろうか?

 渤海の使者は、東人の襲撃によって、多くの死者を出しながらも
728年までには畿内に入り、
729年2月、長屋王は、高斉徳来日を画策した舎人親王や
藤原宇合らによって、妻の吉備内親王(元正天皇の妹)や
子女を含め、一族皆殺しにされるのだ。
(黄文王など、不比等の娘との間の子は残った)

宇合は、不比等の三男であるが、4子の中で最も武に優れ、
西海道按察使などを歴任している。
更に、遣唐使の一員として長安に滞在したことがあり
その時期の長安には、渤海の皇子「大武芸」も、質子として滞在していたのだ
大武芸は、719年に即位して二代目の渤海王となり
親新羅・反渤海の長屋王の排除に向け、
天武系皇子や藤原宇合らと利害が一致し
示し合わせた可能性が濃厚である。

長屋王は、高市皇子の長子であり
大野東人は高市皇子→長屋王に忠誠を尽くした武臣だった

長屋王は、自分にとって不吉な使者である渤海使の入京を阻止するため
大野東人に、入京阻止を指令したが、東人はその使命を果たせなかったのである
それには、渤海使に対する在地の国司らの協力もあった
(国司の動向がどちらにあるのか疑心暗鬼になっていた橘諸兄の不安を、
酌に出た在地の采女が、機転を利かせて取り除いた など)

元号の神亀は、724-729
     天平は、729-749
   神亀の聖武は、729年には殺され、天平の聖武にすり替えられた
   二人は、文武天皇の異母兄弟である
   殺された神亀の聖武は、わずか1年で亡くなった基王として
 母、元明天皇の陵に倍葬された

  妻(文武皇后であった事実は抹殺されている)である元明天皇に譲位し、
高文簡として、渤海の初代大祚栄とともに、対唐最後の戦いに
707年、中国東北地方に遠征した文武天皇の
在地女性との間に生まれた忘れ形見が、
首領、高斉徳である

 715年、高文簡は唐に降伏、長安に連行され、元明朝も終わる
 同じ年、天武天皇皇子の穂積皇子や志貴皇子も殺され、
志貴皇子の息子で、まだ7歳だった白壁王(後の光仁天皇)は
母方の勢力圏、半島の帯方郡方面、旧百済の故地に亡命する
 
 長屋王と物部麻呂の武力に支えられ元正天皇が即位するのである
 やがて、物部麻呂が死に、親新羅に方針転換した長屋王によって
元正天皇 は譲位させられ、新羅聖徳王(神文王の弟、文武天皇の4男)の
異母弟である首皇子=神亀の聖武が即位するのだ
      



今春の競馬は、からっきしで
G1を含めて、5レース買って、的中なし

それでも、今週末の優駿牝馬競走は
買おうと思っている

枠順が発表されて、
桜花賞の3着、2着、1着馬の順に
ソウルスターリングは②番
リスグラシューは⑭番
レーヌミノルは⑬番
である

桜花賞に出なかった
後発の上り馬はピンと来ないんだな

桜花賞でも本命だったリスちゃんの
単勝に一票  かな


秋篠宮家の眞子さまの結婚報道で
一色になった感のある、昨日、今日の報道だったが

あらためて女系とは何かを考えてみる

愛子さまは皇太子の長女
彼女は男系の女子である

今上陛下の退位法案が成立すれば
浩宮徳仁親王が3年以内に天皇となる

彼女は天皇の長女子となる

もし、彼女が皇籍離脱しないで結婚して
その方との男子が生まれたとしたらどうだろう

女系ってなんなんだろう

父親が天皇でなければダメと言ったら
明治天皇の五代孫なんて、お話にならないことになる

血統を保持する、すなわち、「持統」を言うなら、
男女に拘わらず、現天皇の直系こそ、
尊重されるべきことではないのか?

6世紀末から8世紀の半ばまで、
何人もの女帝が即位している

推古天皇は、欽明天皇の娘
皇極天皇(重祚して斉明天皇)は、聖徳太子の娘
(持統天皇は、血統を持するという
その諡号の意味からして、女性ではありえない)
元明天皇(阿閉皇女)は、天智天皇の娘
元正天皇(氷高皇女)は、天武天皇の娘
孝謙天皇(重祚して称徳天皇)は、聖武天皇の娘

この方々の即位期間に、成年皇子が一人もいなかった訳ではない
当時の国際関係の中で、女帝即位が行われたのだ

歴史を学べば、天皇家が、
万世一系ではないことは自明である
何回もの易姓革命や大王位簒奪があった
一例を挙げれば
約150年前、明治政府によって、
壬申の乱で殺された大友皇子を
弘文天皇として、諡号を追贈し
即位の事実を認められた例もある
時の政府によって、歴代の即位順が
変更されたのだが、弘文天皇を殺して
即位した天武天皇は、皇位の簒奪者
ということになる


.... 続きを読む


 中学の担任が亡くなった
告別式の日には、先約があったので行けない
ということで、自宅を訪問

 玄関に張り紙がしてあり
出棺時刻の18時までには行けるだろうと
会場まで足を延ばして、お悔みに行ってきた

 思えば、15歳、人生最初の進路選択である
高校進学の背中を押して頂いた恩師であった

  この三か月、終活もどきに、週末ともなれば
不要になった物を処分してきたわけだが
写真は、中々捨てられない物の一つであった

 中学の卒業アルバムを開いていたとき
思えば、面白い先生が沢山いたなと思った
  なにがしかの人格的な影響を受けてきたのだろうと
今更ながらに思う

 長い闘病の末に逝かれた先生
 久々にお目にかかったお顔は安らかだった

    合掌 



 明治の大日本帝国憲法は、
結果として、欽定憲法として発布された

 しかしながら、当時の日本国民が
憲法を考えなかった訳ではない
 自由民権運動の発祥の地、土佐をはじめ
あちこちの、国民が、私案を発表していたのは
周知の事実であるはずだが

 某新聞の記事に、そんなことはなかったかのように
断定している署名入りの記事があり、とても気になった

 現行の日本国憲法が、押しつけであるとか
色々と言いたいことがある人もいるのだろうが

 当時の国民の80%は、新憲法を歓迎したことも事実なのだ。

 占領下とはいえ、正当な選挙で選ばれた国会議員によって、
日本国国会で審議され、
1946年、昭和21年11月3日(明治天皇の誕生日)公布
半年後の、1947年、昭和22年5月3日に施行されたわけである。
日本国憲法は70歳、古稀を迎えたわけだ。

 日本国憲法が公布・施行されるまでの間にも
当時の国民は、新憲法について、活発な議論や民間の活動があり
私案も多く世に問われたのであった

 当時の日本国民に比して、後世の今の国民が
憲法を考えているだろうか?

 2020年に東京五輪があるが、1964年開催の時のような熱狂が起きるとは思えない
2週間足らずの、一過性のイベントのために
国家百年の計を図る憲法改正が、引きずられてはたまらない。

 自民党総裁任期を3期9年まで延長して、自分が総理・総裁でいるうちに
憲法改正したいという、自分勝手な思惑が見え見えな訳だ

 長州が作った大日本帝国憲法が
日本を滅亡の淵まで追い込んだことを
忘れるわけには行かない

 天皇をかっさらうため、皇居(当時は京都御所)に、
弾丸を打ち込んだ(蛤御門の変)のも、他ならぬ長州である
 天皇を政治利用し(幕府寄りの孝明天皇を暗殺した可能性すらある)、
詔勅を偽造し、ありとあらゆる謀略を尽くして、政権を乗っ取った、
今でいえばISのようなもの、テロリストの集団である
 まさしく、幕末の薩長の行動は、テロそのものであることを忘れてはならない

 そのDNAが、脈々と、今も生きているのが安倍晋三という男だ
 
 多分、アメリカの家庭教師に教育された今上陛下を嫌いなんだろうな
 憲法を順守すべき公務員の長が、憲法をないがしろにし、
都合のよい時だけ憲法を持ちだす
(天皇は憲法上国政に権能を有しないので、
天皇の意志を踏まえて、国会が退位を認めてはならないという部分とか)

  今上陛下は、明治天皇の孫の子、徳仁親王は孫の孫、悠仁親王は孫の孫の甥である
男子に限っていれば、やがて、皇族はいなくなる

 その時は、敗戦後皇籍離脱された旧宮家から
明治天皇の血脈につながる人を担ぎ出せば良いとでも思っているのか?
6代前、120年以上遡ぼらなければ血がつながっていないなどという人に、
誰が、そんな人を、国民統合の象徴として認めるだろうか?
 (例えば、竹田恒泰の息子とか)

 ついでといってはなんだが、時間の経過は、時として酷いもので、
アッシに大学で憲法を教えてくれた日本国憲法の教授は、
若年の頃の論から180度転向して
御用学者に成り下がってしまった



 初めてベトナムを訪問したのは、平成18年
あれから、10年以上も経ったのか
 40代後半は50代後半になった

 サイゴンからホーチミンに名前の変わった
かつての南ベトナムの首都に3泊4日滞在していた

 その後、6年ほど経ってから、ハノイを訪れる機会があって
ハロン湾にも行くことができた

 かつての国境付近、北緯17度
中部の古都フエやダナンにも
足を運んでみたいと思いながらも
簡単に時間だけが過ぎてきた

 キッカケを掴むためにも、
ここは一発、当てるしかない

 初のベトナム行とパソコン&ブログを始める
キッカケとなったのは、生まれて初めて3連単を
日本ダービーで的中したことだったのだから

って、最後は、そこかいな。
ビョーキですな。




 3200m走ったタイムが3分12秒5
驚異のレースレコードで2強対決に
決着がついた春の天皇賞

単勝1番人気が勝ったのも
ディープインパクトが勝って以来
レースレコードも武豊騎乗の
ディープインパクトが出した
3分13秒4を、0.9秒更新する素晴らしいタイムだった
1ハロン200mを12秒0でキッチリと走り切ったことになる

 他の馬はついていくのが精一杯
抜くことはなかった、影さえ踏めなかった
武&キタサンブラックの完勝だった

武豊は春の天皇賞8勝目
2着に福永のシュバルグラン
3着にクリストフ・ルメールの
サトノダイアモンドが意地を見せた

いい競馬を見させてもらったな

明日からまた仕事だ




| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 MITSUの山・競 時々戯言, All rights reserved.